”美”は僕のルーツ

Beauty is my roots​

 私の絵の世界は、ゲーム、ギャップ、筋肉で構成されます。
 その根源は、”美”です。
 
 私は過去に美の追求から、ホルモン的に容姿、身体もある程度は女性化していました。まだ身体の一部にそのときの名残として残っていたりします。
 何年かしてから、女性化ではなく、男性でも女性でもない姿こそ究極の危うさを持った”美”であると思いました。その偏った美への欲求から今度は”中性”をテーマにしました。しかし肉体的な理由から止む無く中性化を諦めました。
 私は、ニュートラル(中性的)な状態から男性に戻ってしまうのならと今度は男性美の象徴を探し、見つけました。

 それが、”筋肉”です。私は初めは西洋彫刻のような身体を目指して鍛えました。途中から自分の弱い内面の変化も目的になり、更に挙げられる重量も増えて筋力の成長が今度は喜びに変わりました。中性化とは違った喜びでした。
 しかし喜びも束の間。ジムに通って7年目で鍛えすぎて重症ヘルニアになりました。ヘビートレーニングが出来なくなり、パワーダウンもサイズダウンもしました。しかし鍛えることを辞めてしまえば私の美の基準が崩れてしまうので、これからもできるだけ維持していくつもりです。

 以上のような私”すー”の身体的特徴がギャップの由来です。
 ギャップを作品のテーマしたいと思ったのは私自身が正反対のものを内包している”ギャップ人間”であるからです。
 また、絵画に対しての美への欲求はリアリズムにあります。リアリズムは私が最も美しいと思うアートのジャンルです。
 全ては”美”から始まりました。




CACP9XT6C10b1z6z9b12z20a@45lll4e2.png 

中性化時代

​                                           

関連記事