月刊美術 2016年12月号

掲載されました。
ありがとう御座います。

5d1

 先月に引き続いて、掲載させてもらいました。
 
 しかし!
 画面上に重大な事実が発覚。こんなことってあり得るんだ。。。。と思いましたw^^;
 何がオカシイのか自分の口からは言えません。右のページにチラッと写っている作家さんのページと比べたら。。。お分かりいただけたでしょうか(苦笑)

 でも本当に月刊美術さんには、自社主催の公募で選ばれた作家をサポートするという面においては大変感謝しています。
 色々な美術マガジンがありますが、そういう企画をしているところは少ないです。
以前美術手帖と東京都芸術文化財団が組んでやっていた、コンペに出展してランキングも2,3位になっても、雑誌に載ることも無くなにもありませんでした。今年から終わって消えた企画です。

 他に毎度のように新人特集で組まれる作家さんもいますが、やっぱり販売力のある作家が雑誌に載るものなのかなと、感じています。
 来年は一般層向けの作品を作っていきます。作品で、自分だけのオリジナルな面白いことを思いついたので、販売のステージのみ特典でつけてみようかなと思っています。それが購買につながるとか全く考えていませんが、遊びで♪ 
 アートはやっぱり自分も楽しんで描かないと絵が死ぬっていつも自分で思っています。自分が楽しくて描いたものは伝わると思います。アマチュアな発言ですが、それはプロでも持って置きたい探究心です。






関連記事