Kenzan

Kenzan2016終わりました。

cafe21cafe_2.jpg

cafe_1.jpg


最終日は搬出も兼ねて、1時間前に来場しました。
パパパと雰囲気を観てすぐに退散。
基本的にぼくは人の作品に関心が無いのと、人の展示も行かない、
自分の展示にも知っている人は極力呼ばない主義です。
美術館も行きません。
人に影響を受けたくないのと、自分の世界観がありますので、
それを大事にしたいのです。
でも、
アレーナホールでの会場は雰囲気が良く、安っぽい感じがしませんでした。
それに展示空間も綺麗に仕上げられていました。
学生さんが多い展覧会でしたから、作品価格が安かったものが多かったですが、
二桁金額も買われていたりしました。
自分は予想通りで売れてません。

本当に色々な業者を巻き込んで、八犬堂さん主催のケンザンは年々パワーアップしています。
こういう展覧会が若いうちから経験できる学生さんは良いですね。
学生でなくとも、参加できますし。

初めてブース形式の展示に参加させて頂きましたが、
ケンザンだけは良いイベントだと思います。
ぼくが来年再び参加するかはわかりませんが。

それにしても、本当に美術作家って女性が多いですね。
どこに行ってもそんな気がします。。
ただでさえ居場所がないのに更に居場所ないです(○・_ゝ・○)ノ

終わってから翌日今日、仕事用のメルアドに懐かしいメールがありました。
若手とか美術のタマゴさん(ぼくもタマゴですが)に、来る内容のメールで、
簡単に言うと本の掲載を条件にお金を支払ってという内容です。
その本がビレバンとかネット販売という、お寒い内容で。。m(__)m
ぼく自身が全然な人ですけれども、出すわけがないです。
自分も美大の展示とか、活動し始めとかで、こういう業者が来たことを思い出しました。
ギャラリーでのグループ展の誘いもありましたね。
タマビの芸祭で来た業者の誘い内容は、小さな絵を1枚展示するだけで4万でした。
最初から一度も引っかかったことがないです。
学生さんが多かったから、こういうメール来たのですね。
懐かしさを感じました。
日本のアート業界って作家志望の人から一番お金を搾取してるんじゃないかって思います。
美大だけでエライ金額ですし。
お先真っ暗ですけど、ここまで来たら引き返しません進めるまでドンドン進んでいきます。
次回の展示は来年かなあ。
どこの画廊もまだ契約したことがないので、アートじゃ年中暇です。
今年は今の時点でコンペ含めて12箇所でしか展示していません。
1年で20箇所くらい展示してみたいです。

cafe_3.jpg cafe_4.jpgcafe_5.jpgcafe_6.jpg





関連記事