ART@JUNGLE 2016 終了 or 解体

日展と白日会会員である丸山勉先生がキュレーションをしていたアートユニットの

ART@JUNGLE 1st が終了致します。


実は先生のアートユニットは第3弾目で、何年かを目処に解体するとおっしゃっていた通りに、4年目にART@JUNGLEは解体となります。
ぼくは2年目からスカウトして頂き、メンバーに加入したので、まだ2年しか参加していませんでした。今後は2ndでしょうか。



「丸山勉」先生のアートユニットの歴史

第一弾は、公募団体”白日会”のメンバーで固めたクラシックなユニットで、リアリズムコンプレックス(赤)
yfyu7.jpg 

メンバーはこんな感じ
11.jpg 

ぶっちゃけ百貨店じゃ一番強い。
写実でクラシックな作品は年配者には受けますね。売れない世界の現代美術の作家さんは居ませんね。
メンバーにぼくが思う日本一写実が上手い若手が1人居ます。
彼が白日会じゃ1位として、2位との差が半端ないです。
彼だけがぶっちぎりで上手い。


第2弾は、これまた白日会とかクラシックな作家さん達で、今度は年齢層が一気に高くなっています。
リアリズムコンプレックス(青)


11g.jpg 



そして第3弾、現在まであった

ART@JUNGLEです



art jungle Hp 1 



ぼくのページはこちら
マッスルポーズw
顔はベビーフェイスで、身体はマッチョのギャップが理想なのでこんな感じにしています。

キャプチャ 

アート@ジャングルからは、現代美術のメンバーが中心です。
終わりごろになって、白日会のメンバーも加入しましたが。

ぼくのメンバー加入の経緯はと言いますと、月間美術が主催しているコンペ、美術新人賞「デビュー」での授賞式で、審査員でした丸山勉先生にスカウトされて加入しました。
偶然でしたが、実は丸山先生のアートユニットには自分も加わりたいと思っていたのが、向こうからお声をかけて頂き嬉しかったのを覚えています。

「すー」なんて作家名で、写真も変な女装みたいな格好でしたから、授賞式で作家が集まったときには皆女性と思っていたのが、現れてみたら普通の男子でナンジャロナって思ったと思いますw

たった2年しか参加していませんでしたけど、多くの経験と、お言葉を頂いて本当に自分は恵まれているなあと感謝しています。

小さい時からずっとはぐれもので、誰のいうことも聞かず、受験も1人で対策して1人で受かり、美大でも言うことを聞かず、1人で過ごしてきた偏屈で孤独が好きな超変わり者に、お声をかけて頂いた丸山先生こそぼくの恩師です。








関連記事