FC2ブログ

渋谷東急本店の初個展 「すー絵画展」

DSC_0862b.jpg



初めての個展でしたがなんとか終わりました。

寒い中にわざわざ、お越し頂いた方々ありがとう御座いました。
とても感謝致します。
僕は初日と土日しか居ませんでしたが、それ以外の日にお越し頂いた方々には失礼致しました。
と同時にありがとう御座いました。


大寒波の影響か、お隣の作家さんも「一枚の繪」の表紙にもなっている名の有る方でしたが、全体的に人が思ったよりも少なかったと思います。(一応地方新聞にも結構デカく載ったのですけどね^^;)

この時期は最も人が少ない時期で、デパートの人によると「ニッパチ(28)」つまり2月と
8月は最も人が少ない時期だそうです。そして年々その時期の幅が広がっているそうです。

そういう状況で初めての個展で、しかもデパート向きではない作品を展示していたので会期中も客入りが少ないと予想していましたし不安でした。

最終日に数字が少し上向いて正直ホッとしてしまいました。



率直に東急本店での感想を作家目線で言いますと、
東急本店で売れる僕の作品は予想通りのクラシックスタイルな作品(オーソドックスな写実絵画)でした。

隣のBunkamuraが僕にはまだマッチしているステージなのかなと思いました。

オーソドックスな写実はやはりクラシックなステージだと売りやすいと実感をしました。

日曜に村上さん、奈良さんの作品をメジャーになる前に幾つかコレクトした人が100号で悩んでおられました。
やはり現代美術のステージでも個展をやってみたいと強烈に思いました。

まあ売れなきゃ結果に含まれませんが。



あとは僕が去年初挑戦してみた画壇の方々も来てくださって、東北地方からわざわざ来場してくださった方にも本当に心が温まりました。

記事を観て来てくれた方々も居て本当に感謝致します。

ぼくのような若造とも言える一人のために色々と来て頂いて嬉しいです。

人の繋がりは肝心ですね。特に個展では強烈に思いました。

冷静にビジネスとしてのコレクターなどの人の繋がりは、やはりギャラリーに所属しないと作りにくいと思います。




今年はぼくは全部挑戦します。

失敗しても良いんです。

ただ絵を描くだけじゃなくて挑戦します。

失敗してダメなら、また戦える力がチャージされるまで充電できたらまた挑戦します。

もっともっとメジャーになるために普通のやり方を超えていきます。



最後に、渋谷から会場風景までの写真を一部公開します。

渡した作品の一部が展示されなかったのが少し残念でしたが、デパート側か何かの制限規定があるのだと思います。

一部ですが展示会場はこんな感じでした。


DSC_0975b.jpg
スクランブル交差点。奥に東急本店+Bunkamuraが見えます。

DSC_0934b.jpg 東急本店

DSC_0580b.jpg 8Fアート・ギャラリー

DSC_0574a.jpg 
個展の看板

DSC_0636a.jpg


DSC_0719b.jpg  

DSC_0649c.jpg 
僕のお気に入りの作品。初めて販売のステージに出しました。

DSC_0873b.jpg 


DSC_0626b.jpg


DSC_0682c.jpg



DSC_0708c.jpg  


DSC_0685b.jpg  「Lost Fantasy」100号F


ありがとう御座いました☆(ヽ´ω`)

関連記事