FC2ブログ

2018年09月

沖縄から。(台風ヤバイです)

image2 (2) ”暴風雨で灰色の空”

沖縄に今まで何度も行ってて今も居ますが。

今回は結構凄い勢いです。
しかも速度も遅いので辛い状況。

昨日の夜あたりから勢いが凄くなって、夜中はドアが取れるんじゃないか、窓が割れるんじゃないかというほどの突風。電柱もグラグラ、電線は飛び跳ねて千切れそうなくらいです。
写真じゃわかりませんが、凄いですほんとに。

今はもっと勢いがあって凄まじいですね。
関東・横浜の人間には想像できないレベルの台風です。

停電も多くて沖縄で今の時点で18万戸以上の停電。
しかもドンドンと停電地区が1時間毎に増えてます。。
ぼくのいる地点は奇跡的に停電なしですが、向かいの地区は停電。

こういうときに停電で困る人達は機械で生命を補助している方々が頭に浮かびます。
病院は非常電源がありますけど、家庭で呼吸器や何やらつけている方や、クーラー・扇風機も止まるので体温調整が出来なくて生命に関わる方々が心配ですね。



更に今回の台風は凄い勢いですが、
実はもう一つ南にもっと大きな台風が沖縄に接近してます。
このまま進むと、おそらく4日に沖縄に直撃。
せめてターンしないで真っ直ぐ通過してくれたらと思いますが。

1538189092589.jpg 

横浜にいたら台風情報は気になりませんでしたが、
こっちにいると台風情報は日本の気象庁より米軍の台風情報の方が当たるし、早めに情報が出てくるのでいつもこちらを確認しています。
災害も何もなければいいのですけどね。

参考までに。

米軍の台風情報  http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html







沖縄一のミュージアムに行ってきました。

timeline_20180926_093637.jpg 

沖縄に居ます。

観光目的ではないけども、今回始めて沖縄の美術館に行ってきました。

という場所です。
「おきみゅー」という愛称を定着させたいようですが。

img_130014_2.jpg
出展:sanspo.com 

個人的に、この施設の特色は、
・作品や資料の数は県内一
・美術館と博物館が一体化している
・貸しで出来る展示スペースがある
ということです。



美術館で展示することの意義

貸しでこんな立派な美術館で展示できるのは凄いことですね。
地方ではそういう美術館もあったりする印象ですが、
この美術館は立派です。
沖縄だけあって外国人の方々が館内にいました。

といっても美術館やその他の綺麗で壮大なスペースで展示するより、東京の銀座の小さなギャラリーで貸しで個展をするほうが、まだ作家としてのチャンスは掴めると思います。
それは何故かというと美術館のほうが来場者は多くて、一般の人達に知られてもアート関係者が見てくれなければ上位のステップに進めないからです。
自分がもし美術館で貸しで展示するとするなら、ダメ元でも学芸員に直接会ってアピールします。
いずれ貸しでなく企画で個展やグループ展などをさせてもらえないだろうかと。
それには作品枚数が無いとどうにもならないですが、意外にも国内トップレベルの美術館にまだ認知の低い作家が営業をかけて、美術館で個展になった作家さんはチラホラと居ます。
このことは横浜美術館の学芸員をされていた天野太郎さんも過去に美術手帖で発言されています。

「都内じゃハードル高くて無理だけど地方ならなんとかなるかも。」
ということがあらゆる面で出てくるのが地方での美術活動のメリットかな。
地方で大きな活動を起こしていれば、都内でもっと大きな活動を起こせるキッカケを作れる可能性もあります。
47001266_2524_4-8be67.jpg 
美術館内


ところで、
今回沖縄の美術館ってどんなもんだろうと思って行ってみただけなので、展示内容は気にしていませんでした。
なので安い料金の美術館と博物館の常設展を観てきました。


沖縄の美術で思ったこと

今回の常設展は、儀間比呂志という作家さんの展示でした。
ちなみにWikiでのプロフィール。
儀間比呂志(ぎま ひろし、1923年3月15日 - 2017年4月11日[1])は沖縄県那覇市生まれの版画家絵本作家。主に沖縄の風土、戦争などをテーマにした作品を手がけた。
出展:Wiki


gimaHP.jpg 


沖縄の悲惨な戦争の歴史などの木版画がメインの展示でした。
年齢もありますが、さすが作家という感じの展示量でした。

少し気になったことがあって、
沖縄で戦後まもなく産まれたこの時代の作家の作品ということで戦争がテーマになっているものは多いと思いますが、儀間先生の展示意外に常設で現代美術のグループ展もあってその中にも沖縄の戦争の体験などがテーマの作品を未だに制作している作家が少し多いのではないかと思ったことです。

個人的に、
戦争がテーマの作品はその時代の方が美術として残していれば良いかなと思います。
今の時代になっても戦争がテーマの作品を発表しているのは、僕の性格の悪い意地悪な視点で観ると「沖縄の戦争というものを自分の作品の個性として利用している」ように思ってしまうのです。
戦争体験は個性ではありません。
ましてや直接体験していない中年以下の世代がそういうものを未だにアートにしていることに少し残念な気になりました。
僕などが偉そうに言えたことはありませんが、
僕は今の時代の沖縄のコンテンポラリーな作家のもっとオリジナティのある作品を観たいと思います。

僕は
”アートとは何か”
という名題に対しての答えは
”新しいこと”
であると思っています。

これまで世に発表されていない未知のものを世間に打ち出すことがアートだと思っています。
だから明確なコンセプトの無い装飾絵画は絵ではあるけどアートでは無いとも思っています。


なぜ美術館で展示ができて、コレクションされるのか

この疑問については現時点では自分はわからない。

しかし、もう一つ気になったことが、
美術館で企画で個展をされている作家さんのプロフィールです。
これは沖縄の美術館以外でも思うことですが、
美術館で展覧会をされる方々は
「○○展受賞や、○○賞受賞などの、作家や専門家などの玄人が査定した実力を示す功績が乏しい作家さんがザラに居る。」
ということです。

今回の沖縄県立美術館での企画展で個展をされていた作家さんは宮城健盛さんという作家さんでした。

k_miyagi_exhi.jpg 



この方のプロフィールはこちら
美術館で、これを見て個人的に思ったことが、沖展所属の作家であるということ。
沖展とはHPで概要を見てみると、
沖展とは
沖縄タイムス社主催の総合美術展で、沖縄県内においては最大規模を誇り、県民に親しまれている。1949年(昭和24)沖縄タイムス社創立1周年記念事業として県民の美術に対する関心を高めるとともに、戦後沖縄の美術文化振興を期して開催された。以来、回を重ねる度に質・量ともに充実をみせ、現在では絵画・版画・彫刻・グラフィックデザイン・書芸・写真・工芸(陶芸・漆芸・染色・織物・ガラス・木工芸)の7部門12ジャンルを擁する美術・工芸公募展として発展している。第40回展(1988年)から浦添市、市教育委員会の協力のもとに、浦添市民体育館を会場に開催。

沖展は沖縄のメジャーな展覧会というだけでなく、団体として組織されている。
また、出展している作品の種類も多く、ほぼ全てのアート作品の種類をカバー出来ているのではないかと思うほどです。
他にも沖縄県内でのメジャーな作家をザッと調べてみると、この沖展に出展している比率が多い気がします。
なんといっても沖展は沖縄タイムスという県内が誇る2つの二大新聞社のうちの一つが主催していることが大きい。

あとは沖展と沖縄の美術館との関係性。それ以外に作家出身の美大なども関連していそうだ。
一作家の企画展などは、これらの関係性や沖縄での活動実績などを考慮して、学芸員などが判断して展示やコレクトしたり所蔵場所から借りてきているのだろうと思う。
こういった仕組みは関係者が居ないと聞けないのが辛い。

しかし元々、新聞社やテレビ局などのマスコミは日本に美術館が出来てから戦後~現在まで切っては切れない関係にあったようです。
美術館と新聞社などのマスコミとの関係については日本に初めてアートマネジメントの理念をもたらしたのではないかと思われる”林容子”さん(キュレーターやアートマネジメントやコーディネーターなどもしている。MoMAでの勤務経験もある。)が著書で述べている。
著書の内容から簡単に述べると、

マスコミは海外特派員の国外ネットワークがあることから美術館の多くの企画に関わっており、金欠な美術館の代わりに企画を実行できる資金力を持っている。そして美術館は媒体費をかけることなく宣伝広告ができる。さらにマスコミは企業名の露出が出来る点から協賛がつきやすく、入場に大量動員が見込める

というメリットがあるとのことです。


話が少し反れてしまったが、
今、沖縄県立美術館で展示されている宮城健盛先生のプロフィールを見ると沖縄タイムスとの関係の濃度がわかる。
かつて御本人が教授として勤務された琉球大学も協力関係になっている(収蔵作品を借用しただけだと思いますが)。
前出の儀間比呂志さんも沖展には第9回~11回出品している。

だから何だと思うかもしれないけれど、
美術館と関わりの深い新聞社主催の美術展に出品、更に会員として一員になって損はない。
自分も沖縄でアートを展開するときがあったら沖展には関与したいと思う。


メジャーになれる作家は作品一つの質がが良くてもダメ

ここで特別、個人的に気づいたことがあって、

この宮城健盛先生は、僕が去年と今年出品した旺玄展にかつて出品されていて、会員推挙から数年後、功労賞なるものを受賞している
その後はまあ「沖縄新生美術協会」なるものを結成しているので、会員ではなくなったのかもしれないが。(ちなみに僕は旺玄会のメンバーではなく一般です)
非常に失礼ながら、受賞歴のみを見ると、旺玄でも初出品から連続受賞していたり、他のもっとレベルの高いコンテンポラリーなコンペなどで大賞など受賞している作家さんの方が作品一つのレベルの判断基準としては高いような気がする。
しかしそういった作家はゴマンと居ても、メジャーな舞台に立てる作家は僅かです。
それはもう誰と繋がっているか、どこに所属しているか、などの人との繋がりこそが全ていうことでしか無いということは、ずっと頭にあります。


そして今回の沖縄での作家さんの展示で改めて思ったことは、
先程受賞作家は作品一つのレベルは高い気がすると言いましたが、メジャーになれる作家は作品全体の質はそこまでかもしれませんが、作品の生産性の高さが最も優れているということです。
作品数が多いと一つの値段が安くなりそうなイメージがありますが、最も世界で作品数が多いピカソの絵の値段は言わずもがな、驚く値段が付くことは知られています(セカンダリーで)。
今回、美術館で個展をしている作家の単純な作品数の多さに挫折感を感じました。
多くの写実作家もそうでありますが、生産性という最も重要な部分で劣っている私は作家としての非力さを実感したのでした。まあ言い訳ですけど。
(ですが諦めませんよ~・ω・w)

timeline_20180926_093638.jpg 
昨日の沖縄の空










人物画の透明水彩:メイキングムービー

sue.jpg






今回は最初で最後(今の所は)で前回よりも遥かにマシな水彩の制作動画を載せました。

ここで制作動画は載せるつもりは今後は無いのですけど、
とりあえず僕の人物水彩メイキングムービーを観たい方は御覧ください。
(*残念ながら画質が悪いです。。)





いや~~
もっと早くにアップしたかったのですけど、
動画編集のソフトが必ず開くとすぐ落ちてしまって、どうしたらいいのかずっとわからず進めませんでした(カスタマーセンターも夏休み期間で対応できなかった)
パソコンとかネットとかSEOとかアナリティクスとか未だ解らず一般レベル以下の知識しかないので、毎回苦労してます。

ムービー撮影について

動画の編集は停滞していましたが、
コツコツ描いていって、水彩の動画は結構溜まってきました。
一眼で動画を撮影しているのですけど、自分のNIKONの一眼レフは20分までしか動画の撮影は出来ない仕様になっているので、描いてて少し夢中になるとあっという間に20分経ってて毎回のようにスムーズに動画の撮影ができません。
キャノンや他の一眼でも30分以上は撮影出来ないようですね。
これは関税対策でカメラとビデオカメラじゃ関税率が違うかららしいです。
”あくまでカメラだよ”という体裁を保つために30分以下の成約になっているのかぁ。

自分が描く水彩の人物画

で、この人物のモデルですが、
これはネットから拝借しました
水彩の人物はほとんどネットに掲載しあった人物です。
つまり自分で撮影してきたモデルさんではありません。
なので、この絵を展示や販売したりする気は一切ありません。
遊びや、わからないように参考・アレンジしたものならまだしも、プロが勝手に拝借したまんまの写真を元に絵を展示・販売してたらアウトですからね。
プロじゃなくてもアウトですけど・ω・

色味や描き方は当然自分のオリジナルです。
ドライヤーとティッシュをめっちゃ使ってます。
水彩も一度も習ったこともないので、めちゃくちゃ変な描き方してるかもしれませんけど、どーでしょうか?(笑
ドライヤーは基本的には使いたくないです。
ぼくは以前は珈琲で絵を描いていたのですが、そのときにドライヤーは一切使いませんでした。
そのときの個人的な想いで、ドライヤーで乾かした水性絵の具は色が汚くなるし紙が曲がりやすい気がするからです。
水彩は本気のホの字も使いたくない省エネ制作なので、面倒だし一気にドライヤーで乾かしています。本気なら自然乾燥させます。
ティッシュも乾かす手間を省くために余分な部分は吸い取って乾かしているから使っているだけです。まあティッシュは油絵で写実を描いてたときも重宝していました。
余分な部分や絵の具が濃いところなどを拭き取るためです。


水彩なんてまだ50枚も描いたこともないし大した絵もありませんが、
少しは独自の描き方はしてるかなと思います。
他人の方はどのように水彩を描いているのでしょうねぇ。