FC2ブログ

2017年10月

月間美術 11月号 掲載されました

timeline_20171025_183329a.jpg 


先日ご紹介した月間美術主催のコンペ受賞作家展の情報が掲載されています。

ぼくは以前描いていた着脱可能な裸婦画を出品致します。


timeline_20171025_183249.jpg 
展覧会 表ページ


作品写真が2枚あって1枚の作品を出品という。。
他に受賞した人たちの絵の値段を観ましたが大体安いです。
白日会の作家がいますが他の作家に比べたら値が上がるかもしれません。
白日作家は扱いたいギャラリーも多いし、純粋な写実絵画は日本では不動の人気で売れっ子です。
あ、僕も他の作家よりは無駄に高いですね(笑
他の作家には無い”技術料”と思っています。
値段などいくらでもつけれますが、それが売れるかどうかですよね。
一緒に展示してきた白日会の作家の高い値段の作品が売れているのを間近で見てきていると作品値段の感覚がズレそうで怖いです(既にズレているでしょうけど)
よほどのことがない限り、もうこの号単価以上の値段設定にするつもりはありません。


timeline_20171025_183243a.jpg 下半分で掲載


この作品が掲載された作品は美術誌主催の第一回の展覧会として始まります。
月間美術内でおもったよりメイン企画ではないのだなあ。という感じですが、大半が日本人の方には、お求め安い価格設定となっています。

会場は
art space kimuraASK?
HP http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/
JRだと東京駅と有楽町駅のちょうど真ん中辺りです。

外観はこんな。
写真の階段を上がって2階です。階段手前左側に展覧会の看板が立っていますね。
1508976129238.jpg 

僕でなくとも構いませんが、才ある若手作家の作品を近くに用事でもあって興味の有る方はお越しいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします☆


 

月間美術「デビュー」受賞作家展 ”Nextage (ネクステージ)” に出品します。  

 timeline_20171024_234644.jpg

沖縄から帰ってきました。
本当は一昨日23日のつもりが台風だったので昨日帰りました。






帰りの電車でマジシャンのセロみたいな顔面をしているオーストラリア人の若いお兄さんにいきなり片言の日本語で話かけられました。

timeline_20171025_074345b1.jpg 

「おー。髪カッコいーデスネ。ワンダふぉー^^」
髪型が個性的だったようですが、おかっぱ風の男ってなかなかいないからですかね?

timeline_20171025_074345b2.jpg 

目的駅着くまで話していました。
最後に握手を求められて。

timeline_20171025_074345b3.jpg 

英会話スクールのチラシを手渡されました。

timeline_20171025_074345b4.jpg 

いや通わんて。(笑


日本に来てる白人の人たちって英会話の講師やってる人すごく多いですよね。
日本語解らなくても自分の国の言葉だけ話してて給料もらって生活してるなんて夢みたいだなあと思います。
そうやって日本で英会話で稼いでる人たちは本国であまり良く思われてなかったりしますが、
ぼくが通ってたゴールドジムに来てた白人さん達も英会話を教えてる人がいました。

以前も羽田から帰る電車でヨーロッパ人のおじさんに話かけられましたけど、なんか嬉しい(笑
普段ジムでも近寄り難いオーラを出してるようなので。。









さてさて

自宅に帰ってみたら
「Nextage (ネクステージ)」という月間美術主催の展覧会のDMが届いていました。


timeline_20171024_234447.jpg 


月間美術のコンペに受賞した人達だけのコンペです。
「next-age」(次世代)、「next-stage」(次なる活躍の場・舞台)の二つの意味ということらしいです。
随分シンプルなDMだと思いますが、本来の宣伝は誌面でするのでしょうからこういう感じなのかもしれません。
ました。
DMに記載してありますが、この展覧会は
会期 10/30(月)~11/4(土)
会場 art space kimuraASK?
で行われます。
銀座一丁目の近くのギャラリーですね。

作品のサイズは最大6号までで1人2点までの出品制限がかかっていたので小品展です。
新人という点で売り出すために意識的に販売価格を抑えたのが狙いかと思います。
装飾絵画ではなく、受賞者された作家のみの展覧会なのでアートの内容は高い作品展かもしれません。

ギャラリー巡りをされている方はついでに除いてみたら面白い作家の作品に出会えるかもしれません。ではではまたm(_ _)m☆



巨大台風が過ぎて。沖縄滞在中

timeline_20171020_175026a.jpg 
那覇上空にて


忙しいと先日言っていましたが、今沖縄にいます。

台風がものすごいですし、忙しい中沖縄にいるのは何故か。


はい弟の結婚式の為に来たんです。


timeline_20171020_175203a.jpg 

ですが
昨日の10月22日が挙式の日ということで沖縄に先に上陸していましたが、何故か超大型台風上陸がタイミング良く沖縄に来てしまったので結婚式自体が中止になりました。
沖縄の台風は本土に住んでいる人には少し理解不足なほど大きいですからね。
昨日はタクシーも営業停止していたり、多くが仕事がお休みしていたようです。
台風で命の危険もあるような地域ですからね。
今回結婚式がキャンセルになったので今年また沖縄に行くかもしれません。

もう結婚ですね。弟も30半ばですし普通な流れですが相手は10個も下みたいです。
「そっかぁ。結婚かあ。」
そろそろ結婚でもする歳だろうと思っていたので予想通りでした。

にしても結婚式で運が無いというか可哀想というかちょうど直撃のときに。。(苦笑


次の展示と個展のための作品画像提出の締め切りに画壇の展覧会に出品要請されているのでその作品制作もある中、沖縄で今ブログを描いています。
20号くらいまでなら一週間以内でかけるくらい描くスピードだけは早いのですけど、毎回新しい絵を描きたいのでそれを考える構想の時間が全体の制作時間の8割かかっているんですよねえ(汗)


最近ちょっとまた新しい作品のために小学生の頃以来ですがプラモデルを購入したのでそれをヒントにまた新たなアート作品を思いついたので制作します☆






かなり久々の更新

こんにちは。
ご無沙汰しておりました、すーです。

途中から突然更新を途絶えてしまったのですが、
あれよあれよとグループ展の展示が次々にあってなんだか少し余裕が無くなっていましたm(_ _)m
デパート展示は人気が無いのに展示が次から次ってオカシイですよね。


ぼくは今転換期なのだと思います。
サナギからになるかになるか。
蛾なら蛾で思いっきり毒素を振りまいて少しはアートの一角でも騒乱を起こしてやりたいものです。


timeline_20171021_213226e1.jpg 

来年1月に初めて個展をする予定になっています。
それも初個展がデパートということですが。
正直売れっ子や集客の見込みのありそうな人は直ぐ様出来るものですが。。
しかし僕は違う。売れっ子ではありません。(あくまでデパート展示において)
絵柄がどうも。


僕はデパートで個展をすることを画商さんに3度も電話や直接会って、
正直に言っていることがあります。
「僕がデパートで個展やっても思うほど結果は得られないと思います。何故やるんです?何故僕を誘って頂けるんです?」
すると画商さんは
「私は売れると思っています。やってみなきゃわからない。
 それに何故個展をするか。それはすーさんの絵が好きだからです。」

と直球でそう言ってくれます。
僕はその好意を受けて良いものか最近まで悩んでいました。

timeline_20171021_213226e3.jpg 



ちなみに来月Art@Jungleの最後のグループ展で渋谷Bunkamuraのボックスギャラリーで開催されるのですが、一応どのくらいの売上ノルマが見込める作家が個展を開催できるのかBunkamuraギャラリーのスタッフに聞いたところ100万じゃダメと聞いて、
「失礼しました~」
と電話を切ったことがありました。
今では売上100万なんてアートで活躍してたら驚く数字でもありませんが、ウケない絵柄の作家には無理でしょう。ウケなくてもやらせてもらえるには何かの見込みが無いと無理なのでしょう。
逆に絵柄がウケれば何の実績も知名度も無くてもカルチャースクールで絵を学んだだけの人でも新人でもそこそこ売れている人もザラにいます。
日本はアートのガラパゴスなんてことを言う人もいますが、色々な意味で本当にそう思います。


2013年からデパートで展示をしてきて、売れる絵・売れない絵十分観てきました。
売れる絵はなんたるか。解っているつもりです。
しかし僕にはデパートのようなクラシックな場所でウケる絵は描けません。
現代美術の作家さんは少しは解るかもしれません。
あとはやはりギャラリーに取扱が無い作家はデパート以外のお客さんを獲得できないのは痛いですね。
作家として日本でやって行くならギャラリーに所属するのは真っ先にするべきことです。取扱作家と言います。)
それも、できればアートフェアに出展しているギャラリーに所属するべきですが。


timeline_20171021_213226e2.jpg 

「デパートの展示は絵の発表会じゃない。」
当然なことですが、こういう言葉は今までプロデューサーや画商さんにグループ展のメンバー皆に言われたこともありました。
僕もそう思っていますが、来年やる初個展は全く別です。
売上げなど全く意識せずに発表会で良いから自由に好きなようにやってみましょうと言ってくれています。
なのでデパートに場違いでも自分のありのままの作品を描いて
「ナンジャコリャ!」
という展覧会にしたいです。
小さくまとめて小さく終わって記憶にも残らない展示は残念極まりないです。
デパートも新風を起こしてイメージを刷新できるような作家も必要と言いますし、新しいこともしていかないといけないんですね。
とことん攻勢で行きます。サイズも売りやすい小さな作品だけじゃなくてドデカイものも展示する予定です。
よほどの作家以外はギャラリースペースを半分で区切るので広くはないですが、攻めた作品を出します。

「日本がダメなら海外があるさ~。」
そういうノリで楽しくやって行きます。

とりあえず近況報告でした。