2016年08月

ゲームコントローラー

海外で話題のゲームのコントローラーを買ってしまいました。

steam.jpg 
ぼくはPCでゲームをしているのですが、このSTEAMはゲームを安くダウンロードできるので利用しています。STEAMは北米のゲームメーカーのValvesという会社が2003年に始めたサービスとのことです。
その会社が近年開発、発売し出したコントローラーがすごいので、買ってしまいました^^;

昔の友と

久々に美大時代の唯一の友人と会いました。

ぼくは多摩美(八王子校)は大検入学して、1浪して入った時は25歳でしたので、周りと馴染めず、馴染む気も起きず、4年間ほぼ独りで過ごしてきましたが、そういう状況でも唯一といえる友には出逢えました。

ぼくは大学の勉強は全く役に立たないと思っていたので、入学前から大学の長い夏休みは人生を見つめたいというか、なにか日常では感じないような大切なことを発見したいという思いで、単独で自転車で日本を野宿しながら旅をすると決めていました。

二科展

10193f189c893w837c83x835e815bb1_part1_02_2939d8d87ol_pdf97p650817e920.png 
*二科展HPより


数年前にまだ”すー”としての作品を描く前に描いた完全写実の100号をどこかのクラシックな公募展に応募しようとして、今年選んだのが二科展でしたが、出品規約を改めて見て愕然しました。

世界絵画大賞展の授賞式に行ってきました

昨日は世界絵画大賞展2016の授賞式に行って参りました。


上野。
thumbnail_image1 (1) 


東京都美術館を目指します。
道中モニュメントや他の博物館や美術館が色々あります。
thumbnail_image2.jpg thumbnail_image3.jpg

ART@JUNGLE 2016 終了 or 解体

日展と白日会会員である丸山勉先生がキュレーションをしていたアートユニットの

ART@JUNGLE 1st が終了致します。


実は先生のアートユニットは第3弾目で、何年かを目処に解体するとおっしゃっていた通りに、4年目にART@JUNGLEは解体となります。
ぼくは2年目からスカウトして頂き、メンバーに加入したので、まだ2年しか参加していませんでした。今後は2ndでしょうか。



「丸山勉」先生のアートユニットの歴史

第一弾は、公募団体”白日会”のメンバーで固めたクラシックなユニットで、リアリズムコンプレックス(赤)

ART@JUNGLE  名古屋Art Hack2016 すー 結果

終わりました。

今回今までの作品と違って、百貨店向きな完全写実の絵画を実験的に出したのですが、売れたのはその写実絵画のみでした。

他の”すー”の作品は、例によって売れず。

正直写実絵画よりも、自分の本来の絵(ハイブリッドなリアリズム作品)の方が良い絵です。
しかし年配の方には売れず。

結局クラシックな絵画しか売れないのだろうと思います。

日本で絵を販売していく気なら、”絵柄”がクラシックでないと相当厳しいです。
逆に言うと、絵柄がクラシックであれば、上手い下手関係なく売れます。
実際色んな人の絵を現場で観てきてそうですし。。

風景画か動物でも描いてればそれなりに百貨店で個展でも開けると思います。

早く海外で挑戦してみたいなあ。

~ART@JUNGLE 名古屋Art Hack 2016 〈アートは心をハックする〉~

今日が最終日でした。

13724864_1776072955966756_5487663720711010149_o.jpg 13662195_1776072899300095_8886020644307195861_o.jpg 
*名古屋三越HPより

名古屋での展示は始めてでしたので、行ってみたかったのですが、バタバタしていて全く行けませんでした。

もう一つの千葉の特殊なギャラリーでの隠れ展示も密かに終わりました。

百貨店も出させて頂いている身で恐縮ですが、海外含めて、誰もやらないような、もっとドデカイことをやらないかぎり、ぼくの現代美術での成功はなさそうです。


アートフェア「ウルトラ」2016

kyifuigo.jpg 

「ウルトラ」。初国内アートフェア展示参加の申請します(ギャラリーが)。

ぼくはギャラリーをいままで1度も探して来なかったので、アートフェアも何でも、かなり遅いスタートですが、参加できれば幸いです。
国内のアートフェアの中では東京アートフェアが一番格上でこれはそこまでではありませんが、チャレンジに飢えていて、なんでも挑戦したいので、楽しみです☆

ボディメイキングして、会場でコスプレでもして、売れる売れない考えず、アートを楽しめたら良いなと考えています。

Geisaiには年齢的に参加できずに終わってしまったので、こういう雰囲気のワイワイした感じでの展示が今からワクワクします