about me

温泉行ってきました

cafe_168a.jpg
サイパン在住の台湾人の子とおしゃべり中
 
地元の友達と仲がいい台湾人の友達が遊びに来たということで、温泉施設に行ってきました。

でもその台湾の子は結構日本に来るので、
毎回台湾人のその子が来る度に地元の友達に
「どこに連れてったら良い?」
と聞かれます。

でも、ぼくはほとんど遊びに行かないですし全然遊びを知りません。
「いや~あなたのが知ってるでしょ。こっちは知らないよ~。」
と返します。
それに、ぼくは面倒くさがりなので、
近場で遊ぶことを熱心に勧めたのですけど、
どこかに連れて行きたいらしくて
お台場の大江戸温泉に行くことになりました。
帰りは夜景も見えるということで。

img_facility-promotion_2.jpg 
出展 大江戸温泉物語HP

昔はあの千と千尋みたいな雰囲気も珍しくて何度か行きましたけど、近年ずっと行っていませんでした。というか今回も別にそれほど行く気もなかったのですけども。。^^;

大江戸温泉は昔と変わらず相変わらず中国や韓国の方々がいっぱい居ました!
以前行った時は廊下のベンチや屋上の足湯のところで抱き合ってKissしてるカップルが何組か居ました。
Kissというより接吻という感じでしたが。。
「えー!こんなところでチューしてるよ~Σ(゚Д゚)!」
「あ、またここでも!??」
「オイオイ。ここもかいな。。日本人じゃこんな公共の場所でそういうことしないよね?」
などと友達と話しながら、ほんとに何組も接吻カップルが居てその時はビックリしました。

とは言いながら。。自分も初めて彼女が出来たときはもっとイタい体験があります。
21歳にして初めての恋人で舞い上がっていて周りを見えず、気にもせず。
パンキッシュなファッションの彼女が何故か持っていた本物の手錠をお互いの腕に掛けながら、地元のみなとみらいでデートなどしたことがあります。。
「うわ!何アレ?マジ?」
「あーゆーの恥ずかしくないのかな?」
みたいな。
周りの人たちの視線がイタかったと記憶しています。。
今では思い出した僕の心がイタいです(笑)
軽く黒歴史です。

実は中学までしかぼくは出ていませんでしたが、
ぶっちゃけるとバレンタインなどは小学校、中学校と義理チョコすらもらったことなど一度もありませんでした。
なので、永遠に彼女など居ないと信じ切っていました(笑)
その初彼女と別れてその後はずっと彼女など居なくとも何とも思わなくなりましたが。

ちなみに、その初彼女だった人は小倉優子の事務所の後輩でグラビア系アイドルユニットの1人でした(たまたまアイドルだっただけで、僕は面食いではありません^^;)。
なので小倉優子が世間で認知される前から知ってました。
その彼女は僕を筆頭にダメ男を好きになる傾向があるので(笑)、しばらく心配でしたが、
僕と違って明るい子だったので、今は元気で生きてるんじゃないかと思います☆




話しは戻って、
今回は公共の場で接吻など目に余る行為も無かったので問題ありませんでした。

3人で食事した後、屋上の足湯コーナーに行きました。

cafe_169a.jpg 
ひとりで遠くに居ます

もう夜だったのでライトアップされていて、神秘的でした。
そこで台湾の子が急に
「あっもしかしたら友達かも~♪」
と言って知らない男の子に声をかけました。
相手の子も台湾人で偶然日本の大江戸温泉で出会ったみたいでした。

でも彼は台湾語と英語しか話せないので、
僕は8年ぶりに急に英会話になってしまいました。
「あ~半分以上言ってることがわからない~。。」
「えーとこれってなんて言ったら良いんだっけ。。」
とかもう全然英語が降りて来ませんでした^^

写真好きな若い子らに言われて無理やり記念撮影させられました。
FacebookやSNSに載せる為に皆色々撮影しますね。食べ物やら景色やら。
僕もここに載せていますが。。
写真はスリーショットで撮りましたけど、僕は彼らと一周りも歳が違います(汗)

cafe_166c1.jpg 台湾の二人組と僕 撮影者:地元の友人(笑)

それからは1人増えたので4人パーティーになって一緒にお風呂に行きました。
野郎ばかりでなんか変な感じですが。。

温泉に入ると大江戸温泉はどこも熱すぎて長くお湯に浸かれないのですよね^^;
新しい台湾の友達に言われました。
「身体すごいデスネ。鍛えてマスカ?」←(英語で)
今はジムも殆ど行っていなくて、だいぶ細くなりましたけど一応普通の人から見たらガッチリしているのですよね。

その子も鍛えてましたけど、ベンチプレスがMAX80kgらしいです。(ぼくはMAX120kg←いまは上がらないです^^;)
「んー。まだまだだね。」
なんて上から目線で語る僕。

お風呂色々入ってのぼせたので、先に出る為に身体洗ってると例の台湾の子にすれ違いざまに
「おおきいデスネ(笑)」
と言われました。
何がおおきいのか知りませんけど(笑)

お風呂上がって着替えてからその台湾の子にラインID聞かれたので、ほとんどラインもSNSもしないのですけども繋がりました。ぼくと違って、すごく爽やかな青年です。

皆でビールで乾杯しました。
ぼくはお酒は飲まないのでお茶で乾杯

cafe_29h 



最後は結局お台場の夜景などは見ずに、その子を新宿のホテルまで送ってから帰りました。
ぼくが家についたらもう朝の4時過ぎ。
久々に乗り気じゃなくても、遊びに行くと楽しかったかもしれません。
でも出来たら都会じゃなくて登山とかキャンプとか自然が好きな友人もほしいものです。

また休みは孤独にダラダラと制作の日々が続きます。
それが一番安心できる時間です☆

Mello & L

ヘアスタイル思い切ってチェンジしました。
カラーもチェンジ。
cafe_120e.png 

cafe_121d.jpg cafe_126b.jpg


年甲斐もなくメロっぽくしてって画像見せてやってもらいました☆
顔のことは置いておいて、キャラにはまだ髪が短すぎました。
まあ本気で似せようと思っていませんけど。
Mello__s_Chocolate_num_nums_by_Fleurdelis10.jpg 31498.jpg3-d999e-thumbnail2.jpg


ちなみにちょうど10年ほど前に”L”のマネしてみた画像もありました。
このとき確か目の周りはメイクとかしたことないですから、6Bの鉛筆の粉を指で塗りましたw
マンガ好きでこのときは家に3000冊くらいありました。
もっと若いときに色々やっておけばよかったかなと加齢してきて感じますね。
CAW9ELRUb2g6.png 


about me

ブログでは初ですが、自己紹介の新たな面もお見せしておきます。
銀髪ウィッグと地毛写真(最下部)。顔長いしちょっとシャクレてるし、大した顔面してないです。
どちらも最近の写真です。


cafe_20k5a 


ナルっぽくて気持ち悪いかもしれませんね^^;否定はしませんが。
不快指数を高めてすみません。結局アニメとかゲーム好きな変な子なんです。子ってほどの年齢ではありませんが。。見た目は若いので。
あとは、まあ一応こう見えてジム10年通ってます(ゴールドジムは6年)。近年、松本人志さんの影響でマッチョブームですけど逆に自分はスリムがやっぱりファッション的に似合うので隠れパワーメンズに移行しました。MAXは胸タッチで尻上げ無しのベンチ120kg実際に上がりました。鍛え過ぎで重症ヘルニアになってからは、ジムに思うようには行けていません。2年前に手術してからは腰の調子は良いです☆^^


僕は面倒くさがりなので、ファッションも何も物欲がないので無頓着なのですが、ヘアスタイルくらいは少しはそろそろチェンジしようかなと思って伸ばしてます。
下の写真のデスノートのメロみたいにしたくて伸ばし中です。
いざコレにしたら変かもですね(笑

instagram インスタグラム

10万近くの人数が投稿した、ハッシュタグのひとつで、奇跡的に人気投稿に入っていました。と言っても270人ほどのイイネですが。



真ん中がぼくです↓

スクリーンショット (109)a 


ジム歴は何気に10年です。
スクワットで重症ヘルニアにまでなるくらいにガチで鍛えてる絵描きって多分居ないと思います^^;
ちなみにヘルニア前は腰上げじゃないベタ寝のベンチで120kg上がってました。
背筋は測定器で240kg。

でももうヘビートレーニングが出来ませんから鍛えるのもつまらないし、できればジムには行きたくないものです。

最後に投稿した写真です。↓
関心のある方だけRead Moreにしてください。

すー という作家名

色々な場所で、”すー”という作家名の意味を聞かれたりします。
さほど興味も無いでしょうが、お教えしますと、由来は色々あります。




某中古古本買取り店で働いていたときに、スッタフ用の冷蔵庫にコンビニなどで買ってきた各自の飲み物がわかるように名前を書くルールなのですが、ぼくは極度の面倒くさがりなので、名前の頭文字だけ”スー”と書いていたら、あるときからお店の人全員から急にあだ名が、すーさんになりましたw

米軍基地でライフガードのアルバイトをしていたときに、アメリカ人でもわかるようにニックネームをつけるルールで、”すー”は言いやすいだろうと思って、そこでは自ら、すーと名乗りました。ちなみに英語表記だと”Sue”になるのはそこでわかりました。ドラえもんのアメリカバージョンが放送されたようですが、静香ちゃんが、スー(Sue)と呼ばれています。Sueは海外では女性名です。

実はぼくは昔、中性化をしていて、男性でもなく、女性でもないそのどちらでもないような名前こそ僕の作家名にしようと思っていました。すー(Sue)は女性名であり、男女どちらかもわからない感じですし、ちょうど良いと思い、この作家名で活動を始めました。
 メインはこの理由からです。




 でもいざ、この名前で活動してみると、多くは、女性と思うようですね。確かに男が”すー”なんて名前にしませんもんね。
 しかも、東南アジアかどこかの国の人のスーさんと思われることも、何回かありました^^;

「スーさん、日本語お上手ですね^^」
「え?」
「どこの国の方ですか?^^」
「あ、いえ、ぼく日本人ですww」

ある百貨店のお偉い方や、2015年の「デビュー」展で出版社の社長さんとかこういうやりとりがありました。ぼくが変な名前を名乗っているからですよね。作家の人たちからは、すーよりマシな名前なかったの?なんて言われることもあります。。ぼくは気に入ってるから良いですけど☆


イラストレーターとかPCを使ってデジタルで制作している系の方々は本名の方が少ない印象ですが、絵描きとかアナログな世界の住人は作家名を使う人はまだ少ないですね。若い世代が増えて徐々に作家名を使う人も最近増えてきましたけどね。

 すーの名の由来は以上でしたm(_ _)m