その他

今更ですが^^草間展行ってきました!

cafe_21.jpg 

草間彌生展「わが永遠の魂」観てきましたよ~。

美術館に行ったのはものすごく久しぶりで何年振りかわかりません。
行くキッカケは美術など無関心の友人に誘われたことですけど、草間彌生さんはさすがに現代美術作家ですが一般の方でも知っていますよね。やっぱりスーパービッグネームですから友人も観に行ってみたかったようです。

ぼくも草間さんの展覧会くらいは現代美術の真似事を一応やってるものとして観に行くべきと思っていたのでよかったです。

平日なのに、かなり混んでいました。大盛況です。
ミュシャも同時に展示中なこともダブルで混む要因だったのですかね?
ミュシャは5月入る前に来場者が30万人突破したので、最近20万人突破した草間さんよりもやっぱり人気ですね。でも現代美術に関心の薄い日本ではこの記録は草間さんは流石です!

cafe_19.jpg   ちゅ  cafe_26.jpg

いぐおい   hゔびんこ cafe_22.jpg

cafe_20.jpg  いの  cafe_28.jpg

外国人の来場者の方が結構居て、それも驚きましたね。学校のツアーなのか欧米の子達の集団も館内で見かけました。でもつい、外国人とかレアな方を観るとモデルになってほしいなあと思っちゃいますね^^;外国人のモデルさんって特に確保出来ていませんので。職業病ですね。あ、実際のぼくは面食いでは御座いません(笑 ホントに。

さて展覧会ですが観に行く前に予習してきました。
正直僕自身勉強不足で草間さんもよく解っていなくて、書店で草間特集を読んでみて驚いたのが1950年台後半に渡米してから活動を起こして、その後ベトナム戦争を契機に始まったヒッピームーブメントから彼女自身も反戦、自由愛を掲げて”戦争とフリーセックスどちらが良いのか”を主催し、裸の男女達を使ってゲリラ的にアートを展開したということでしたね。草間さん自体はヌードにならずに従えていた彼らからはシスターと呼ばれていたとか。
ドットの集積が彼女の作品のイメージでしたが、性的なアートも多いのですね。ドットなど模様で画面を埋め尽くす行為は、統合失調症から幻聴・幻覚から逃れるためにそれらを具現化することで精神的苦から逃れるために無意識に始めた行為だそうですね。
あのドットの意味すらよく知らなかったです!

ちなみにフリーセックスとは調べてみると性別フリーということで誰とでもSEXするという意味ではないのですね。草間さんの意味するフリーセックスとはゲイ、バイ、レズビアンも関係ない、愛は自由なのだということみたいです。スウェーデンのセックスフリーから来てるのでしょうけどね。ちなみにセックスフリーとはキリスト教文化の西欧諸国では結婚まではSEXはしないものとされてきたのをスウェーデンが性の解放運動を起こしてSEXをもっと気軽に楽しみましょうということで、今の現代の性の捉え方になったようです。
草間さんの大胆にアートを世間に打ち出して巻き込める能力に憧れますね。最も欲しい能力です。

それで草間彌生展の後にミュシャ展も観るつもりだったのですが、、、
持病のヘルニアが久々に限界で観れませんでした(;´Д`)<チャラリ~ハナカラギューニュー。。
馬鹿みたいに死ぬ気でトレーニングしてヘルニアになって一生完治は無い身体になってしまって少し後悔。馬鹿だからそこまでやったのですが(笑
ミュシャも画集もいくつか持ってて昔好きで、あの巨大なスラブ叙事詩を観にいつかチェコまで行きたいと思っていたのがまさか日本にやってくるなんて。。
画集は文章だけのページが多く、半分くらい占めていて、自分が持ってる過去の画集の方が絵がいっぱい載っているので買いませんでした。

いうぐいhぽ 
この画集

6月の展示が終わる前には観れたら観たいです。また混んでそうですけどね☆w 


今更ですけど、拍手ボタンと投票ボタンをブログに導入しました。

DSC_0956b_2017050820414193d.jpg 

ブログ始めてみて来月でちょうど1年目になりますが、今更拍手とPVポイント(投票)のタグつけてみました。

このブログは趣味で始めたブログではなくて、作家としてプロモーションの一環としてとりあえず始めたブログでした。最近まで誰も見てないだろうと思いながら書いてきましたが、少しは見てくれている方もいるようですので設置してみました。

ブログを始めた背景は、まだブランディングされていない僕を含めた若手作家は今のアート市場では、ただひたすら絵を描いていて売れるような時代ではなくなったからですね。
ココ数年で作品の販売率が全体的に下がってると画商や作家、プロデューサーなどからアチコチで聞きます。お世話になっている画商さんからは数年前まで完売していた作家がいまは半分くらいしか売れないという話もあります。
ぼくは交流が奥手でツイッターやFBなど更新が頻繁でないとホットに機能しにくいものは避けてきました。作家活動してから慌ててHPを用意して、ブログは去年の6月に始めて開設しました。

売れている作家は評判のギャラリーの取扱作家になっていたり、テレビや雑誌でメインで取り上げられたりブランディングが出来ていますね。
認知が高ければ(有名なら)作品も欲しくなる。それがブランドのパワーですよね。
日本人はブランド好きと言われますね。良い作品があっても無名の作家の作品はちょっと高いと買わなかったりするとデパート内部にあるギャラリーオーナーも以前言っていました。
一部の骨董趣味な方とか正にその典型と思います。

ブランディングしていなくても平気な作家は過去に実績を作った人だと思います。
HP、ブログは最低限の装備で、今はFB、ツイッター、インスタ、YouTubeなんでも使っていかないと厳しいのですよね。世界に発信できるような便利な時代ですが、ネット完備は皆がやっていて一般化しています。
僕はというと、ネットもすごく疎いので苦戦したりしています。

拍手ボタンと投票ボタンの導入から、ブログ開設の背景までウダウダ重く語ってしまいましたが、まあ楽しんでやれています☆(ヽ´ω`)
万一もし気が向きましたら適当にボタン押して頂けたら幸いです。
面倒でしょうし押さなくても大丈夫ですが、一応お知らせしてみました。

毎回思いますが文章下手っぴですみませんw

市民プールに行ってきました。

昼間に市民プールに行ってきました。
絵描きって言えるほどじゃないですけど、手が空いた時間ほとんど引きこもって絵描いたり構想練ったりしてても不健康ですから必ず運動しています。
泳ぐの楽しいですし好きです☆

ジムにプールがついていればいいのですけど、今のジムには無いので、市民プールに週1は通っています。

行く途中に長い坂があります。
cafe_139.jpg 
これを超えて、丘の上に公園があります。

cafe_140.jpg 
この公園の更に上に上がっていくと、木陰に見える施設がプールです。
cafe_141.jpg 

ありました。
なんかローカルって感じですよね^^
cafe_145.jpg 

ここで回数券渡してGOです。
cafe_148.jpg 
回数券です。2000円で8回使えます。
これがあると通常一回400円のところが一回250円になるので利用しています。

ロッカールームで着替えを済ませプールに。ロッカー一回50円払うのが地味に嫌です^^;
いざ着替えて鍵閉めるようと財布みたら50円玉が無いとかたまにあるんですよね。そしたらまた着替えて入り口まで行って両替しなきゃいけないのが面倒だったり。。(´Д`)

今日は30分泳ぎました。泳いでていつも思うことがあって、自分の泳ぎってどうなのだろうということですね。もしかしたら変な泳ぎ方してるかもしれません。
小学生のときスイミングクラブに通っていたのですが、その後泳ぐことがほとんどなかったのでキチンとした泳ぎを忘れたままです。なのでYouTubeで泳ぎの動画を見ては研究しています。
クロールだけ、ちょっとだけ習いたいですね。

こんなでも一応米国赤十字のライフガードの資格は持ってるんですけどね(更新していないのでもう失効ですが)^^; 救助は早く泳げればまずOKだったでなんとかパスできたという感じでした。でも試験の前に毎日プールでハードな訓練しました。
最初の訓練で深さ7mのダイビングプールの床に置いてある重りを取って上がるというのをやってみましたが、床まで身体が沈めなくてギリギリ行けなかったです。それもそのはず。海で「取ったど~」の浜口さんみたいに下に上手く潜って行けるのは、重りを身に着けているからなのですよね。
ライフガードはプールサイドやビーチで監視業務を行っている最中重りなど身につけていません。溺れている人など発見次第すぐさま救助しに行きます。重りをつけないで深く潜るのはあることをしないと出来ません。ではどうやって深く潜るのか。それは”肺にある空気を吐きながら潜ること”です。
肺に空気があるから浮力がついてしまうので空気を抜けば勝手に沈みます。訓練だと溺れて底まで沈んでしまった要救助者を想定して、息を全部吐いて底まで行って実際に溺れ役の人を抱えて上がるので苦しくてこっちが溺れそうに何度もなったのを覚えています。

美大の同級生と

久々にタマビ(八王子キャンパス)の油画科で同じクラスだった3人に会ってきました。
タマビの油画はグループ1(具象)グループ2(抽象)、グループ3(現代美術)というふうな感じでクラスが分かれていて、一学期ごとにグループを変更できます。ぼくはその頃やる気もなかったので4年間ずっとグループ1にいました。

S__13901825a.jpg 

僕自身はこの中の一人とは親友であり心友です。隣にいますが。
誰ともほとんど交流しなかった中でも彼だけは唯一交流がありました。
ぼくは1浪ですが高校も行っておらず大検を取って美大に入った時点でどの学年よりも歳が上でした。比較的学内で多かった1浪生よりも7個も上ですし、性格もあって独りで過ごしました。
それを自分で予想していたのか、大学に入る前にボッチでも楽しく過ごせるように自転車で自分が生まれて来たこの日本を自分の目で見て感じたいと思って夏休みは毎年旅をすることを計画しました。
大学生活はそんな感じで過ごして、美大の生活よりもバイト生活や次の旅のことで頭がいっぱいでした。

久々更新

久々に更新しました。
PCが調子悪くて修理に最近だしていましたが、またおかしくなって今日また見せに行きました。

cafe_67b.jpg 
My books

さておき、最近はあることを始めようとジム通いも再開して、更にジョギングや水泳も有酸素運動もトレーニング直後にするようにしています。ジムで筋トレした後に有酸素をすると脂肪燃焼が数倍高まるので。前にルネサンスメガロスというジムに行っていましたが、プールがあったので筋トレ後に出来て最適でした。いまのジムはゴールドジムですがプールがありません。5,6年前から通っていますけど今や鍛えているテレビの芸人さんを中心に話題になりましたねえ。
ぼくは重症ヘルニア以来、ブームの逆にマッチョから普通に戻ってしまいましたが。
それ以外に地元のあらゆるジムにも通っていました。
タマビ時代はタンクトップ着てたり、筋肉あるだけでゲイとか言われてましたね笑

日本ではマッチョは浸透しませんね。大方の人が気持ちが悪いとか良い印象を持っていないイメージです。
米軍基地でバイトしてたときは向こうのファイヤーメンの方にマッチョじゃないと向こうの子にモテないとか言われてましたけど、日本人には似合わないでしょうね。やっぱりスタイルが欧米人と雲泥。。。
ジムにもビルダーの方々が居ますけどビルダーの世界って、なぜかほとんど背が低い男の人達なんですよね。マッチョっていわれるくらいゴリゴリになる人ってコンプレクスがあったりする人が結構多いのかもしれませんね。小さいからナメられるのが嫌で鍛えたのかもしれませんし、ぼくは弱い自分を改善したくて強くなりたくて通っていました。
タマビ時代は、あらゆる筋トレの本を読んで絵も描かずに毎日ジムに行って独自のトレーニング法を日々研究していました。ウェイトリフティングのオリンピック選手の動きやフォームも毎回ジムでIpodに録画した動画を見てマネしてベンチプレス100kgはすぐに達成しました。スクワットもたった1セットで毎回10日間筋肉痛とかファッションで鍛えてる連中とは違うぞという感じでした。見た目じゃなくてパワーこそ全てでした。結果ヘルニアになって鍛えたパワーがパーになりましたが。筋トレはフォームが一番重要ですね。正しいフォームでなければ正しい筋に刺激が行かないので。男性よりもぼくは女性ですごい重量上げてる方の動画を見ていました。女性の方が圧倒的にパワーが無いし不利な骨格なのにパワーがあるのはフォームが完璧だからです。男性よりも女性パワーリフターやウェイトリフターの動画の方が参考になりました。
 
痩せたい方は筋トレが最も効果的ですね。基礎代謝が上がって勝手に脂肪燃焼し易い身体になります。車で言ったら燃費が悪い身体にしていくんですね。食事で痩せる方法はリバウンド率が高いですし、食事まで気を使っていたらストレスですし。しっかり筋トレ・運動して痩せる方が楽しいです。アートより筋肉論のが語れるのが無駄知識ですね。というよりアートの知識もありませんが。。

最近堅苦しいことばかり書いていたので、他愛もないことも書ていきます・ω・