FC2ブログ

思ったこと

沖縄一のミュージアムに行ってきました。

timeline_20180926_093637.jpg 

沖縄に居ます。

観光目的ではないけども、今回始めて沖縄の美術館に行ってきました。

という場所です。
「おきみゅー」という愛称を定着させたいようですが。

img_130014_2.jpg
出展:sanspo.com 

個人的に、この施設の特色は、
・作品や資料の数は県内一
・美術館と博物館が一体化している
・貸しで出来る展示スペースがある
ということです。



美術館で展示することの意義

貸しでこんな立派な美術館で展示できるのは凄いことですね。
地方ではそういう美術館もあったりする印象ですが、
この美術館は立派です。
沖縄だけあって外国人の方々が館内にいました。

といっても美術館やその他の綺麗で壮大なスペースで展示するより、東京の銀座の小さなギャラリーで貸しで個展をするほうが、まだ作家としてのチャンスは掴めると思います。
それは何故かというと美術館のほうが来場者は多くて、一般の人達に知られてもアート関係者が見てくれなければ上位のステップに進めないからです。
自分がもし美術館で貸しで展示するとするなら、ダメ元でも学芸員に直接会ってアピールします。
いずれ貸しでなく企画で個展やグループ展などをさせてもらえないだろうかと。
それには作品枚数が無いとどうにもならないですが、意外にも国内トップレベルの美術館にまだ認知の低い作家が営業をかけて、美術館で個展になった作家さんはチラホラと居ます。
このことは横浜美術館の学芸員をされていた天野太郎さんも過去に美術手帖で発言されています。

「都内じゃハードル高くて無理だけど地方ならなんとかなるかも。」
ということがあらゆる面で出てくるのが地方での美術活動のメリットかな。
地方で大きな活動を起こしていれば、都内でもっと大きな活動を起こせるキッカケを作れる可能性もあります。
47001266_2524_4-8be67.jpg 
美術館内


ところで、
今回沖縄の美術館ってどんなもんだろうと思って行ってみただけなので、展示内容は気にしていませんでした。
なので安い料金の美術館と博物館の常設展を観てきました。


沖縄の美術で思ったこと

今回の常設展は、儀間比呂志という作家さんの展示でした。
ちなみにWikiでのプロフィール。
儀間比呂志(ぎま ひろし、1923年3月15日 - 2017年4月11日[1])は沖縄県那覇市生まれの版画家絵本作家。主に沖縄の風土、戦争などをテーマにした作品を手がけた。
出展:Wiki


gimaHP.jpg 


沖縄の悲惨な戦争の歴史などの木版画がメインの展示でした。
年齢もありますが、さすが作家という感じの展示量でした。

少し気になったことがあって、
沖縄で戦後まもなく産まれたこの時代の作家の作品ということで戦争がテーマになっているものは多いと思いますが、儀間先生の展示意外に常設で現代美術のグループ展もあってその中にも沖縄の戦争の体験などがテーマの作品を未だに制作している作家が少し多いのではないかと思ったことです。

個人的に、
戦争がテーマの作品はその時代の方が美術として残していれば良いかなと思います。
今の時代になっても戦争がテーマの作品を発表しているのは、僕の性格の悪い意地悪な視点で観ると「沖縄の戦争というものを自分の作品の個性として利用している」ように思ってしまうのです。
戦争体験は個性ではありません。
ましてや直接体験していない中年以下の世代がそういうものを未だにアートにしていることに少し残念な気になりました。
僕などが偉そうに言えたことはありませんが、
僕は今の時代の沖縄のコンテンポラリーな作家のもっとオリジナティのある作品を観たいと思います。

僕は
”アートとは何か”
という名題に対しての答えは
”新しいこと”
であると思っています。

これまで世に発表されていない未知のものを世間に打ち出すことがアートだと思っています。
だから明確なコンセプトの無い装飾絵画は絵ではあるけどアートでは無いとも思っています。


なぜ美術館で展示ができて、コレクションされるのか

この疑問については現時点では自分はわからない。

しかし、もう一つ気になったことが、
美術館で企画で個展をされている作家さんのプロフィールです。
これは沖縄の美術館以外でも思うことですが、
美術館で展覧会をされる方々は
「○○展受賞や、○○賞受賞などの、作家や専門家などの玄人が査定した実力を示す功績が乏しい作家さんがザラに居る。」
ということです。

今回の沖縄県立美術館での企画展で個展をされていた作家さんは宮城健盛さんという作家さんでした。

k_miyagi_exhi.jpg 



この方のプロフィールはこちら
美術館で、これを見て個人的に思ったことが、沖展所属の作家であるということ。
沖展とはHPで概要を見てみると、
沖展とは
沖縄タイムス社主催の総合美術展で、沖縄県内においては最大規模を誇り、県民に親しまれている。1949年(昭和24)沖縄タイムス社創立1周年記念事業として県民の美術に対する関心を高めるとともに、戦後沖縄の美術文化振興を期して開催された。以来、回を重ねる度に質・量ともに充実をみせ、現在では絵画・版画・彫刻・グラフィックデザイン・書芸・写真・工芸(陶芸・漆芸・染色・織物・ガラス・木工芸)の7部門12ジャンルを擁する美術・工芸公募展として発展している。第40回展(1988年)から浦添市、市教育委員会の協力のもとに、浦添市民体育館を会場に開催。

沖展は沖縄のメジャーな展覧会というだけでなく、団体として組織されている。
また、出展している作品の種類も多く、ほぼ全てのアート作品の種類をカバー出来ているのではないかと思うほどです。
他にも沖縄県内でのメジャーな作家をザッと調べてみると、この沖展に出展している比率が多い気がします。
なんといっても沖展は沖縄タイムスという県内が誇る2つの二大新聞社のうちの一つが主催していることが大きい。

あとは沖展と沖縄の美術館との関係性。それ以外に作家出身の美大なども関連していそうだ。
一作家の企画展などは、これらの関係性や沖縄での活動実績などを考慮して、学芸員などが判断して展示やコレクトしたり所蔵場所から借りてきているのだろうと思う。
こういった仕組みは関係者が居ないと聞けないのが辛い。

しかし元々、新聞社やテレビ局などのマスコミは日本に美術館が出来てから戦後~現在まで切っては切れない関係にあったようです。
美術館と新聞社などのマスコミとの関係については日本に初めてアートマネジメントの理念をもたらしたのではないかと思われる”林容子”さん(キュレーターやアートマネジメントやコーディネーターなどもしている。MoMAでの勤務経験もある。)が著書で述べている。
著書の内容から簡単に述べると、

マスコミは海外特派員の国外ネットワークがあることから美術館の多くの企画に関わっており、金欠な美術館の代わりに企画を実行できる資金力を持っている。そして美術館は媒体費をかけることなく宣伝広告ができる。さらにマスコミは企業名の露出が出来る点から協賛がつきやすく、入場に大量動員が見込める

というメリットがあるとのことです。


話が少し反れてしまったが、
今、沖縄県立美術館で展示されている宮城健盛先生のプロフィールを見ると沖縄タイムスとの関係の濃度がわかる。
かつて御本人が教授として勤務された琉球大学も協力関係になっている(収蔵作品を借用しただけだと思いますが)。
前出の儀間比呂志さんも沖展には第9回~11回出品している。

だから何だと思うかもしれないけれど、
美術館と関わりの深い新聞社主催の美術展に出品、更に会員として一員になって損はない。
自分も沖縄でアートを展開するときがあったら沖展には関与したいと思う。


メジャーになれる作家は作品一つの質がが良くてもダメ

ここで特別、個人的に気づいたことがあって、

この宮城健盛先生は、僕が去年と今年出品した旺玄展にかつて出品されていて、会員推挙から数年後、功労賞なるものを受賞している
その後はまあ「沖縄新生美術協会」なるものを結成しているので、会員ではなくなったのかもしれないが。(ちなみに僕は旺玄会のメンバーではなく一般です)
非常に失礼ながら、受賞歴のみを見ると、旺玄でも初出品から連続受賞していたり、他のもっとレベルの高いコンテンポラリーなコンペなどで大賞など受賞している作家さんの方が作品一つのレベルの判断基準としては高いような気がする。
しかしそういった作家はゴマンと居ても、メジャーな舞台に立てる作家は僅かです。
それはもう誰と繋がっているか、どこに所属しているか、などの人との繋がりこそが全ていうことでしか無いということは、ずっと頭にあります。


そして今回の沖縄での作家さんの展示で改めて思ったことは、
先程受賞作家は作品一つのレベルは高い気がすると言いましたが、メジャーになれる作家は作品全体の質はそこまでかもしれませんが、作品の生産性の高さが最も優れているということです。
作品数が多いと一つの値段が安くなりそうなイメージがありますが、最も世界で作品数が多いピカソの絵の値段は言わずもがな、驚く値段が付くことは知られています(セカンダリーで)。
今回、美術館で個展をしている作家の単純な作品数の多さに挫折感を感じました。
多くの写実作家もそうでありますが、生産性という最も重要な部分で劣っている私は作家としての非力さを実感したのでした。まあ言い訳ですけど。
(ですが諦めませんよ~・ω・w)

timeline_20180926_093638.jpg 
昨日の沖縄の空










石橋叩かず渡ってしまえ

3f.jpg 

*今回の記事は行間がチグハグになってしまって、どうやって直したら良いのかわからず、お見苦しくて申し訳ないのですけど、お付き合いください。



もう初めての個展開催まで残り一ヶ月を切りました。

慌てて新作を製作しています。
たまには緊張感も感じないとメリハリつけられないからいいのかなあ。

この焦った感じのストレスは好きではありませんが、

他の美大卒の若い子達よりホントに遅いデビューで、ようやく初めの一歩です。



此処から半分独り言ですが、

アート活動で自分がここぞという時に思う言葉は、
「やらなきゃゼロ」

コレです。


今回の個展も100%満足いくことは無いでしょうね。
考えてる段階が少しでも長いと結局やらないのですよね。
そして、やらないは0点じゃなくてマイナス1000点と思っています。失敗は活かせますし。
恥かいて強くならないといけないのですよね。
アートのような世界は才能があっても上手くいかなかったり、時代や経済的環境や人脈に恵まれてようやく成功出来たりするような運ゲー要素が高いとしても諦めないで何十年も、あれこれ頭使って行動を起こして成功出来なかった人って居ない気がします。
しかし安易な
「◯◯すれば上手くいく!」
「◯◯しないで頑張ろう!」
などの人に対しての"抽象的なポジティブ表現"は苦手です。

自分に対してであれば構いませんが。


ところで、とにかく考えないで行動することの大事な例として身近なことを話してみます。
以前僕が参加していたアート集団の後輩に1人まだ美大生でありながら(今は卒業されているかもしれません)、デパート個展というステージで活動している人が居ます(会ったことはありません)。
作品の技術、活動のキャリア、受賞歴、芸術性などは率直に言って美大生らしい水準ですが、その人は既に新宿伊勢丹や東部池袋などデパートで個展を続けて居ます。
その人が何故個展を立て続けにあちこちのデパートで出来るのかと言うと、所属しているアート集団のプロデューサーの力が大きいと思いますが、なんと言っても、その子のキャッチフレーズ・肩書きがインパクト大です。
「日本史上初!最年少デパート展覧会デビュー」
そんなようなものでした。
本当にデパート展覧会デビューの最年少なのかどうなのか知りませんが史上初は凄いですよね。

更にクセが無い作品で価格も適切に抑えられて販売に繋がったのだと分析しています。

その子より早く他の若い美大生が、そのプロデューサーの元に参加していたら「日本史上初!最年少デパート展覧会デビュー」というキャッチーな肩書きは先に参加した人につけられたでしょう。

今10代の美大生や美大に行かずとも絵を描いているティーンは、そこに参加すれば打って変わって自分が日本初になれるかもしれませんね。

しかしもっと絵が上手でセンスのある人を抜かして、その人だけがそこまで行ったことを分析すると日本初というフレーズからのメディア露出の効果が最も高かったと思われます。

その人は新聞や地元のメディアを使って宣伝していました。TVも取材に来たかもしれません。そういったアートのマネジメントをプロデューサーから教わったからです。ぼくも教わりました(教わったことはそれくらいでしたが)。

新聞、TVなどに出ていれば思考する前にとりあえず凄いと思うのが普通の認識ですよね。

その人もアートマネジメント講座に参加したときに自分が日本で一番若いデパートデビューとは知らなかったでしょう。考えるより行動の結果だと思います。


しかしデパートで個展をしているから成功ということではありません。あくまで一定のステージに立ったということをお話しています。

デパートで反応したのは一般の顧客です。一般の方々の反応が数あるギャラリーにも連鎖するわけでもありません。

デパートは販売の世界ですが、ギャラリーは販売だけでなく芸術性を重視します。ジャンルが違います。

これから”アートな世界”にステージを移すときに新しい反応が待っていると思います。

でも何も経験が無い人よりは、その人は若くして既に上位のステージには立ったのでしょう。

ギャラリーも商売なのでよほど反応が高ければ金の卵として迎え入れるでしょう。


僕が最近まで参加していた組織でも実は肩書き作りに成功したと思われる人が居ます。

プロデューサーもお客さんも気づいていません。

おそらく組織内の作家連中も知りません。

その一見輝かしい肩書きは実は資金があれば誰でも作れる肩書きなのだけれども、その詳細までは誰も気づいていません。ある程度のギャラリーなどは画歴を見れば気づくかもしれませんね。

しかし誰も知らなきゃ良いんです。知ってても動いた者が勝つということです。

成功する人達って""じゃなくて""ですよね。

うだうだ言ってて動けない人は悔しいでしょう。

まさに僕がそうです。

頭で戦略を立てて上手く行くかどうかがわからないと結局動かず。

もう馬鹿になるしか無いんだと思います。

無知の蛮勇こそが大事なわけで。

失敗してから対処すりゃいーんですよね。

来年は馬鹿になることを目標とします☆


かなり久々の更新

こんにちは。
ご無沙汰しておりました、すーです。

途中から突然更新を途絶えてしまったのですが、
あれよあれよとグループ展の展示が次々にあってなんだか少し余裕が無くなっていましたm(_ _)m
デパート展示は人気が無いのに展示が次から次ってオカシイですよね。


ぼくは今転換期なのだと思います。
サナギからになるかになるか。
蛾なら蛾で思いっきり毒素を振りまいて少しはアートの一角でも騒乱を起こしてやりたいものです。


timeline_20171021_213226e1.jpg 

来年1月に初めて個展をする予定になっています。
それも初個展がデパートということですが。
正直売れっ子や集客の見込みのありそうな人は直ぐ様出来るものですが。。
しかし僕は違う。売れっ子ではありません。(あくまでデパート展示において)
絵柄がどうも。


僕はデパートで個展をすることを画商さんに3度も電話や直接会って、
正直に言っていることがあります。
「僕がデパートで個展やっても思うほど結果は得られないと思います。何故やるんです?何故僕を誘って頂けるんです?」
すると画商さんは
「私は売れると思っています。やってみなきゃわからない。
 それに何故個展をするか。それはすーさんの絵が好きだからです。」

と直球でそう言ってくれます。
僕はその好意を受けて良いものか最近まで悩んでいました。

timeline_20171021_213226e3.jpg 



ちなみに来月Art@Jungleの最後のグループ展で渋谷Bunkamuraのボックスギャラリーで開催されるのですが、一応どのくらいの売上ノルマが見込める作家が個展を開催できるのかBunkamuraギャラリーのスタッフに聞いたところ100万じゃダメと聞いて、
「失礼しました~」
と電話を切ったことがありました。
今では売上100万なんてアートで活躍してたら驚く数字でもありませんが、ウケない絵柄の作家には無理でしょう。ウケなくてもやらせてもらえるには何かの見込みが無いと無理なのでしょう。
逆に絵柄がウケれば何の実績も知名度も無くてもカルチャースクールで絵を学んだだけの人でも新人でもそこそこ売れている人もザラにいます。
日本はアートのガラパゴスなんてことを言う人もいますが、色々な意味で本当にそう思います。


2013年からデパートで展示をしてきて、売れる絵・売れない絵十分観てきました。
売れる絵はなんたるか。解っているつもりです。
しかし僕にはデパートのようなクラシックな場所でウケる絵は描けません。
現代美術の作家さんは少しは解るかもしれません。
あとはやはりギャラリーに取扱が無い作家はデパート以外のお客さんを獲得できないのは痛いですね。
作家として日本でやって行くならギャラリーに所属するのは真っ先にするべきことです。取扱作家と言います。)
それも、できればアートフェアに出展しているギャラリーに所属するべきですが。


timeline_20171021_213226e2.jpg 

「デパートの展示は絵の発表会じゃない。」
当然なことですが、こういう言葉は今までプロデューサーや画商さんにグループ展のメンバー皆に言われたこともありました。
僕もそう思っていますが、来年やる初個展は全く別です。
売上げなど全く意識せずに発表会で良いから自由に好きなようにやってみましょうと言ってくれています。
なのでデパートに場違いでも自分のありのままの作品を描いて
「ナンジャコリャ!」
という展覧会にしたいです。
小さくまとめて小さく終わって記憶にも残らない展示は残念極まりないです。
デパートも新風を起こしてイメージを刷新できるような作家も必要と言いますし、新しいこともしていかないといけないんですね。
とことん攻勢で行きます。サイズも売りやすい小さな作品だけじゃなくてドデカイものも展示する予定です。
よほどの作家以外はギャラリースペースを半分で区切るので広くはないですが、攻めた作品を出します。

「日本がダメなら海外があるさ~。」
そういうノリで楽しくやって行きます。

とりあえず近況報告でした。



若手芸人さんと絵描きと

S__7954540a.jpg 

 昨日友人に誘われて新宿の松竹芸能の若手のお笑いライブを始めて観に行きました。

 その友人の友人がライブやるから、お前はお笑い好きだし一緒に行こうと言われていざ新宿へ。
 ぼくは横浜生まれで都会的な環境で育ちましたが、都会は大嫌い(とくに新宿)なので仕事以外では行かないのですが、友人の顔を立てたくて行ってきました。
 ピカデリーという映画館のすぐ横辺りにある”角座”ということろの6Fでした。おそらく若手の為の箱なのでしょうか、広くはないところで20組の芸人さん達の前半漫才と後半大喜利と言うのでしょうか?芸人さんが、お題をもらってそれでボケていくという構成で2時間弱でした。実は僕はものすごくお笑い自体好きなので面白かったです。

 それで思ったのが、昔は漠然と芸人さんと絵描きって似てると思っていましたが、芸人さんと似てるのはバンドやってる人たちかなと思いました。
 よほど安定してブレイクしている人以外は絵描きは皆副業を持たないとやっていけませんからアルバイトや美術予備校の講師かカルチャーや教室の先生で収入得ながらやってる人が多いですね。普通にサラリーマンの方も結構います。

 芸人さんもアルバイトやいろいろ仕事しながらライブなどやっていますよね。でも芸人さんの”若手”は絵描きよりも年齢層高めですね。角座でやっていた20組の芸人さんの中で僕が観た投票で一位だった芸人さんは4、5年振りに昇格できたと言っていました。でも、そこでの昇格といっても単独でライブできるにはまだ遥か先です。20組で漫才2分でした。それで投票数の低い芸人さんは次回は出られない。そういうシステムでした。
 芸人、バンド、絵描きを比べたら最も厳しいのが芸人さんだと思います。

 本業が食えない業種としてそのお三方とはシンパシーを感じずにはいられないでいましたが、芸人さん達が上に上がっていくのに遥かに高い壁を想像すると少し重い気持ちにもなってしまいました。絵描きはうまくやればそこまで苦難ではありません。まともにギャラリーや百貨店のグールプ展など重ねていけば百貨店で個展くらいは大体いけます。まあ、それがゴールでは全くなくてスタートでしかありませんが、芸人さんも単独ライブが同じ土俵だと思います。

 思ったのが、芸人さんとバンドマンってファンの方がいますね。ステージでネタや演奏してる姿は派手でやっぱりカッコイイと思います。絵描きは地味で絵が好きなひとなんてほぼ居ませんし、ああいったタイプのファンなどはいません。その代わり息は長いと思います。

 才能の世界なのに一般の方より貧乏で年収も低くて食べて行けないけどやってるって悔しいですけど、やるんですよね。いやその悔しさで動いてるのかもしれません。有名になって見返してやりたい~って思うのかもしれません。
 村上隆さんが芸術企業論かなにかで絵描きなんて猿回しの猿以下とおしゃったりしていましたが、実際の立場はそうですね。絵描きはデパートなどで販売員の方に◯◯先生なんて、言われたりしますが、現実と肩書のギャップに可笑しさを感じます。

 好きなことは仕事にするなって言葉は的を得ていると思います。
絵で言ったら、本業にすると制作スピートと費用対効果も意識して一枚の絵にかける時間を計算しないとやっていけませんから、そうなると制作に苦が生まれますね。楽しい状態で好きに描くには絵が副業くらいが一番良いのではないかと思います。
 楽しいなんかアマチュアだよと言う絵描き一本で生計を立てている方もいますが、生活の為に楽しさも感じれず流れ作業でポンポン描いた作品ってホントに良い作品なのか疑問に思います。
良い作品にするには余裕があって健全な状態で描かないと駄目な気がします。
 写実の島村信之さんとか超絶写実の作家さんって年に5枚も描いていませんよね。号値段がある程度高くても、それでは明らかに生活できません。
 副業を持ってるからこそ、作品が年に5枚以下なんですよね。でもだからこそじっくり制作できて良い作品になるのではないでしょうか。

 ぼくもそういうスタンスでやっていくつもりです。
 なにか芸人さんから久々に色々考えてしまいましたw^^



ある画廊、画商との関係

 photo-1470396346435-249d74f1ba5b.jpg

 今週1つの関係が終わったというか、途切れました。箱なしギャラリー。つまり画商なのですけども。まだ知り合ってちょうど今で1年くらいです。浅い関係でしたので、今後のダメージもさほどないのですが、少しまいってしましいた。

 その画商さんとは、アートフェア関連で出品するというお話を頂きまして、自分も参加希望で出品作家として受け付けてもらったのですが、アートフェアの審査が通過したのかどうなのか一向に連絡がありませんでした。自分から何度も電話するも、鳴ってはいますが捕まらず。結局1ヶ月以上放置されてました。仕方がないので自からアートフェアに電話したところ、審査結果はもうとっくにギャラリーに連絡していますよとのことでした。。
 メッセを送っても電話しても繋がらず。別に落ちたら落ちたで良いので、とりあえず一言だけ教えてもらえませんと先の予定が立てにくく、動けないので、マイりましたw
 やっと繋がったのが今週で、ぼくのストレスも溜まっていましたし、お互い扱えないということで離れることにしました。

 こちらが聞きもしないのに自らオイシイ話を言ってくる人は、あんまり信用できませんね。それもハナからわかっていましたので、ずっと半信半疑で接してきました。いざこういう結果になってやっぱりなと感じでした。
  
 でも、それまでは色々して頂いていましたし、人関係なくサポートしてくれる太っ腹なところもあったので、感謝しています。ぼくは言いたいことを抑えられない性格が子供です。早く余裕な立場になりたいものです。

 アート界は普通じゃない人達の集まりなので、人間関係も大変な気がします。(特にぼくは)
頑張って自分の力で成功を掴んでみせます。