思ったこと

若手芸人さんと絵描きと

S__7954540a.jpg 

 昨日友人に誘われて新宿の松竹芸能の若手のお笑いライブを始めて観に行きました。

 その友人の友人がライブやるから、お前はお笑い好きだし一緒に行こうと言われていざ新宿へ。
 ぼくは横浜生まれで都会的な環境で育ちましたが、都会は大嫌い(とくに新宿)なので仕事以外では行かないのですが、友人の顔を立てたくて行ってきました。
 ピカデリーという映画館のすぐ横辺りにある”角座”ということろの6Fでした。おそらく若手の為の箱なのでしょうか、広くはないところで20組の芸人さん達の前半漫才と後半大喜利と言うのでしょうか?芸人さんが、お題をもらってそれでボケていくという構成で2時間弱でした。実は僕はものすごくお笑い自体好きなので面白かったです。

 それで思ったのが、昔は漠然と芸人さんと絵描きって似てると思っていましたが、芸人さんと似てるのはバンドやってる人たちかなと思いました。
 よほど安定してブレイクしている人以外は絵描きは皆副業を持たないとやっていけませんからアルバイトや美術予備校の講師かカルチャーや教室の先生で収入得ながらやってる人が多いですね。普通にサラリーマンの方も結構います。

 芸人さんもアルバイトやいろいろ仕事しながらライブなどやっていますよね。でも芸人さんの”若手”は絵描きよりも年齢層高めですね。角座でやっていた20組の芸人さんの中で僕が観た投票で一位だった芸人さんは4、5年振りに昇格できたと言っていました。でも、そこでの昇格といっても単独でライブできるにはまだ遥か先です。20組で漫才2分でした。それで投票数の低い芸人さんは次回は出られない。そういうシステムでした。
 芸人、バンド、絵描きを比べたら最も厳しいのが芸人さんだと思います。

 本業が食えない業種としてそのお三方とはシンパシーを感じずにはいられないでいましたが、芸人さん達が上に上がっていくのに遥かに高い壁を想像すると少し重い気持ちにもなってしまいました。絵描きはうまくやればそこまで苦難ではありません。まともにギャラリーや百貨店のグールプ展など重ねていけば百貨店で個展くらいは大体いけます。まあ、それがゴールでは全くなくてスタートでしかありませんが、芸人さんも単独ライブが同じ土俵だと思います。

 思ったのが、芸人さんとバンドマンってファンの方がいますね。ステージでネタや演奏してる姿は派手でやっぱりカッコイイと思います。絵描きは地味で絵が好きなひとなんてほぼ居ませんし、ああいったタイプのファンなどはいません。その代わり息は長いと思います。

 才能の世界なのに一般の方より貧乏で年収も低くて食べて行けないけどやってるって悔しいですけど、やるんですよね。いやその悔しさで動いてるのかもしれません。有名になって見返してやりたい~って思うのかもしれません。
 村上隆さんが芸術企業論かなにかで絵描きなんて猿回しの猿以下とおしゃったりしていましたが、実際の立場はそうですね。絵描きはデパートなどで販売員の方に◯◯先生なんて、言われたりしますが、現実と肩書のギャップに可笑しさを感じます。

 好きなことは仕事にするなって言葉は的を得ていると思います。
絵で言ったら、本業にすると制作スピートと費用対効果も意識して一枚の絵にかける時間を計算しないとやっていけませんから、そうなると制作に苦が生まれますね。楽しい状態で好きに描くには絵が副業くらいが一番良いのではないかと思います。
 楽しいなんかアマチュアだよと言う絵描き一本で生計を立てている方もいますが、生活の為に楽しさも感じれず流れ作業でポンポン描いた作品ってホントに良い作品なのか疑問に思います。
良い作品にするには余裕があって健全な状態で描かないと駄目な気がします。
 写実の島村信之さんとか超絶写実の作家さんって年に5枚も描いていませんよね。号値段がある程度高くても、それでは明らかに生活できません。
 副業を持ってるからこそ、作品が年に5枚以下なんですよね。でもだからこそじっくり制作できて良い作品になるのではないでしょうか。

 ぼくもそういうスタンスでやっていくつもりです。
 なにか芸人さんから久々に色々考えてしまいましたw^^



ある画廊、画商との関係

 photo-1470396346435-249d74f1ba5b.jpg

 今週1つの関係が終わったというか、途切れました。箱なしギャラリー。つまり画商なのですけども。まだ知り合ってちょうど今で1年くらいです。浅い関係でしたので、今後のダメージもさほどないのですが、少しまいってしましいた。

 その画商さんとは、アートフェア関連で出品するというお話を頂きまして、自分も参加希望で出品作家として受け付けてもらったのですが、アートフェアの審査が通過したのかどうなのか一向に連絡がありませんでした。自分から何度も電話するも、鳴ってはいますが捕まらず。結局1ヶ月以上放置されてました。仕方がないので自からアートフェアに電話したところ、審査結果はもうとっくにギャラリーに連絡していますよとのことでした。。
 メッセを送っても電話しても繋がらず。別に落ちたら落ちたで良いので、とりあえず一言だけ教えてもらえませんと先の予定が立てにくく、動けないので、マイりましたw
 やっと繋がったのが今週で、ぼくのストレスも溜まっていましたし、お互い扱えないということで離れることにしました。

 こちらが聞きもしないのに自らオイシイ話を言ってくる人は、あんまり信用できませんね。それもハナからわかっていましたので、ずっと半信半疑で接してきました。いざこういう結果になってやっぱりなと感じでした。
  
 でも、それまでは色々して頂いていましたし、人関係なくサポートしてくれる太っ腹なところもあったので、感謝しています。ぼくは言いたいことを抑えられない性格が子供です。早く余裕な立場になりたいものです。

 アート界は普通じゃない人達の集まりなので、人間関係も大変な気がします。(特にぼくは)
頑張って自分の力で成功を掴んでみせます。

売り込み

photo-1458240598330-ccda17524e5c1.jpg 


 ぼくは取扱画廊は他の作家さんのように、ポンポン出逢ったところで扱ってほしいと思っていなくて、一生付き合っていけるような、それでいて海外アートフェアに果敢に挑戦しているギャラリーを探しているので、尚更厳しそうです。(まだアプローチすらしたことがありませんが)。

 ギャラリーへの”売り込み”は良い話を全く聞きません。売り込んで取扱になった作家さんってほぼ居ない気がします。岡本太郎現代芸術大賞展で受賞した有名な作家さんでミズマに持っていって、断られたとか、小山登美夫さんの取扱作家さんの中に、以前売り込みしたときに断られて、その作家さんが他で展示をしていたときに、全く気づかずに小山さんがその作家さんを逆にスカウトしたって話もあります。
 なので、1流画廊への売り込みは無理と思って気が引けます。それならその画廊と関わりを持っている人から紹介してもらうほうがまだ可能性ありそうです。売り込みはギャラリーとして判断し難いからではないですかね。作家やギャラリーからの紹介なら、ある程度のお墨付きがありますし、やっぱり展示してるときに生で作品を見なければ判断できないのだろうかなとは思います。

Art world of the Dark side

photo-1461081500204-8bc460476dd8.jpg 

アート業界のダークサイドな話は、作家さんから聞いたり、色々とありますが、
先日自分自身にも初めてちょっとした闇を体験しました。

主に作家であるトラブルとしては、業者間とのものが多いみたいですね。
画廊と作家ですが。

信頼していた画廊に裏切られる。
こういう話は作家さん達から、よく耳にします。

売り絵

 2013年から始めて百貨店で年に数回、グループ展で絵を販売する機会を設けてもらってから、まだ今年で3、4年目になりますが、百貨店は年配のお客様がメインで中年・若者世代は少ないということを実感します(そもそも若者は絵を買いませんが)。
 ネットを使う世代の人は買い物で百貨店に行くということが無いような気がします。なので百貨店の美術画廊では年配の方々向きのクラシック作品でないと、販売が難しいと、つくづく思いました。
 
 村上隆さんも、日本では現代美術のマーケットが無いと言われていますが、まさに痛感しています。だって上野にある美術館・博物館は平日でも年配の方々を中心に来場者が半端ではないのに、森美術館では週末でもスカスカですし。

 売れないのはよく作品が良くないからと、売れっ子作家さんや画商さん、百貨店の販売員の方の口から聞いたことがありますが、彼らの作品の善し悪しとは、年配の方向けのクラシックな画風の作品が善しであって、悪しきは人気の得にくい現代美術とりわけ若い世代に受け入れやすい画風ということでしょう。
 売れないのは単に画風の問題です。現にカルチャースクールで2年ほど学んだだけの素人さんでも百貨店で個展レベルにまで行って、コンスタントに販売している人も普通に居たりします。逆に藝大出でも受賞歴が豊富であってアートな実力が認められている人でも売れない画風であれば、売れない作家です。
 賞といえば、日本で価値ある公募展の受賞は、概ね公募団体主催の賞でしょう。現代美術なら損保、シェル、岡本太郎、上野の森美術館などでしょうか。他にも色々ありますが、クラシックな公募団体展の受賞のほうが年配の方々にも認知されていますので、価値があるのでしょう。まあ受賞と売れることは関係性は低いですが。

 売り絵の話ですが、一般的に売り絵は作品としては、完成度が低いと僕個人は断言したいです。絵を本格的にコンスタントに販売するとなると、生産性を意識します。価格と描く時間を合わせます。それはつまり本当はもっと描き込めるけど、そこまでやると価格と時間が合わなくなる、ということになります。これは日本のような号単価いくらという価格設定が主流の国ならではの原因です。欧米では、作品のサイズでいくらという設定ではなく、作家が決める作品の価値であったり、実際にかけた時間から価格を割り出していたりと、柔軟です。生産性を意識して描いているという話は、ほとんどの人が知っているような超人気作家さんと、大御所作家さんから直接うかがったこともあります。聞かずとも、皆作家ならそんなことは当然のこととしてわかっていますが。

 それに対して、ぼくは毎回作品は進化して挑戦して時間配分など気にせず最高のものを納得するまで描き込んでいます。髪の毛の部分だけでも全て1本づつ描いています。肌も細胞レベルで描いています。日本の価格設定では適当に魅せれるところで筆を降ろすということに、売れっ子になったらせざるを得ないのは悲しいことです。デッサンを販売とかもその路線です。デッサンなど、どんなに超絶写実でも人物なら僕なら2日あれば描けます。皆が皆そういう作家であるとは言いませんが、納得行くまで描いた作品と、魅せれるところまでで描いても売れる作品と値段が同じならば、後者を選ぶのは仕方のないことなのでしょうね。それに売れっ子であっても絵描きは皆貧乏です。霞を食べて暮らせません。と言うのはわかるけど、生産性を意識して描いた作品が最高の作品とはぼくは思いません。まあぼくのように売れない作家であるからそんなことが言えるのでしょうね。いつか誰かはわかってくれるのかなと、諦め半分思っています。
 売り絵の作品の良し悪しは、気になる作家さんがいましたら、その方の実際に画廊や百貨店などで販売している作品と、その方が公募展に出品した作品を比べてください。後者は全力なはずです。
 

 ↓最新描いたもの。人物の大きさはハガキ1枚分です。小さい範囲に細かい描写が一番大変です。作品は大きければ大きいほど描写がしやすく細かく描き込めます。(髪の毛全部一本づつ描いてます。真っ白の髪の毛から4段階ほどわけて全体に何千回も髪の毛描いています。)こんな安物絵画でも妥協しません。でも売れませんw笑
kugfyu1a.jpg