昔の友と

久々に美大時代の唯一の友人と会いました。

ぼくは多摩美(八王子校)は大検入学して、1浪して入った時は25歳でしたので、周りと馴染めず、馴染む気も起きず、4年間ほぼ独りで過ごしてきましたが、そういう状況でも唯一といえる友には出逢えました。

ぼくは大学の勉強は全く役に立たないと思っていたので、入学前から大学の長い夏休みは人生を見つめたいというか、なにか日常では感じないような大切なことを発見したいという思いで、単独で自転車で日本を野宿しながら旅をすると決めていました。