描写レベルアップ

アート 絵の技術について(完全自己流)2


 上達の為に、技術書などの本から学ぶことも良いと思います。僕自身は技術書はあまり読みませんでしたが、ぼくの今の考えで本から学ぶ方法としてオススメするのは美術の窓の技法講座のコーナーす。

5a  4 
美術の窓 作家による技法講座

 毎月だか、なんだかで、それぞれの作家さんが1人づつ数月刊に渡って惜しげもなく、各自の絵の技術を公開しています。材料やら支持体やらまで細かく載っています。まずはそこから描き方を探ってみては如何でしょう。色々試して自分の好みの描き方が参考程度に見つかったら、そのうちオリジナルの描き方を探ったり、描き方でなくとも絵の内容自体どういうものを描くかを考えていっても良いと思います。いずれ自分が公に作品を発表する段階になったらオリジナルの表現は身につけたほうが良いです。
 先程お話したようにバックナンバーで自分の好みの作風を描く作家さんが技法を紹介しているナンバーを購入して描き方を参考程度に学ぶことは、かなりオススメだと思います。ただし一般的に発売されている技法書は本当の初心者の方以外は僕はオススメしません。むしろあれを読んで望むように出来ない方には、楽しくないと思います。
 なんでもそうだと思いますけど、楽しんで出来るものは上達しますよね。逆に好きでもないものを基礎が大事だからとか思って、何枚も描いててもあんまり上手くならずに、一般レベルに落ち着いてしまうと思います。
 年配の作家さんとか、古い方々は基礎が大事とか、実際に見て描けとか言われますが、そんなものを見なくとも基礎なんかそこまで無くても大丈夫と思います。綺麗な絵も落書きも何でも描ける会田誠さんも、実際に観て描かなくても写真だけで十分描けると言っています。何度か作品を拝見しましたが本当に器用です。
 思うのですが、基礎を大事にして、ちゃんとした美術のプロセスを踏んできた方々はマジョリティですが、その方々って成功しているのでしょうか。アートの世界は、むしろ道を外れたマイノリティな方々の方が成功していると思うのですがどうでしょう。自分のことは棚に上げて言いましたが。
 

アート 絵の技術について(完全自己流)1

元々描いていた写実画b1 

 今回写実に自信があります僕が行ってきた完全独学の絵の技術について適当に一部紹介してみたいと思います。ですが、物凄く漠然としたことしか言えません。ぼくがしてきたことをお話して、何か役立つものがあれば幸いです。それでも宜しければ、つまらない話ですが、ご参考程度にどうぞ。
 
 まず、簡単に自己紹介をします。
 ぼくは作家名で、すーと申します。作家として公的な活動歴はまだ浅くて、2013年に初めて販売のステージで絵を展示をしました。なので作家で言うと3年目の新人になります。今はセミプロで画業を副業とはとても言えませんが一応やっています。画家・アーティストのプロの基準はアート界ではハッキリとされていませんが、一般的な世間の基準で言うと、百貨店や画廊、アートイベントなど公的な場所で販売をして絵をお金に換金できてからからではないでしょうか。
 私の基準は違っていて、世界的なアーティスト村上隆さんの基準を取り入れています。どういう基準と言いますと、企画画廊(コマーシャルギャラリー)の取り扱い作家になってからが、プロということです。ちゃんと販売元と所属関係を結んでからがプロということですね。たまに販売するスタンスでプロとはとても言えませんので。また、取り扱い作家よりも上位の位置を所属作家という風に設定している画廊もあるので、ややこしいですが、そういうことです。ちなみに、ぼくはまだ画廊を探したことがありません。ま、スカウトも無いのですけど。ですからプロでなくセミプロとしています。