公募展 受賞参考データ(画壇)2017年5月

5月が搬入の公募団体展の受賞参考データです。
見方がわからない方は公募展 受賞参考データ(画壇) 『見方』を確認してください。
上から開催時期が早いもの順にしてあります。
三軌会のみ途中まで書いて勿体無いので載せましたが、受賞参考データの肝心な部分がありません。朔日会は情報が乏しいために掲載しておりません。新興美術院など洋画部門が無いものも掲載しておりません。
今回データを作成している中で解ったことが、新人賞は名前の通りに初出品にも大方の団体が受賞できるようになっている。更にスポンサー賞(メーカー賞、協賛社賞など)も同様。
*青い文字クリックでリンク先に飛びます。

5月

tydu.jpg 
第69回 三軌展 5/4~5/5 50~200号 10.000円 76(?)点  (一般部門)
               20~40号 10.000円 ?点  (絵画小作品部門)
絵画以外に彫刻、工芸、写真部門がある。写真部門だけ申し込みが早い。25歳以下は出品手数料が無料。一般部門は共同制作した作品も出品可能となっている。ここで新しいのが去年から”絵画小作品部門”という部門が新設された。小品部門では何でもありで、コラージュやCG制作した作品も出品可能となっている。また、小作品部門では額装無しでも出品可。
三軌会はHP上に会員情報が掲載されておらず、初出品者が受賞できる点数がわからず。更に受賞作品の情報も無い。初出品での受賞はほぼ居ない(事務所問い合わせ確認済み)。絵画小品部門では一般部門よりは受賞率が良いとのこと。



170313-18_1.jpg 
第62回 新世紀展 5/5~5/6 50~150号 8.000円 20(5)点  (大作部門)
               10~30号 6.000円 7(7)点  (小品部門)
61回 受賞作品 (ページ中部)
協賛社賞が多く、会員・会友賞は無い。新人賞は4つあり、大方は一般の受賞になるが、稀に準会員までは受賞する場合がある。小品は全て一般の方の受賞。初出品で初入賞も有りとのこと(事務所問い合わせ確認済み)。


tfyg_20170424211548569.jpg 
第83回 旺玄展  5/8~5/9 F130号以下 9.000円 34(31)点
協賛社賞(スポンサー賞)も多く、奨励賞や努力賞など旺玄会では初出品でも作品が良ければ殆どの賞を受賞可能であるとのこと(事務局問い合わせ確認済み)。過去に上野の森美術館賞など立派な賞でも会員・会友でもない一般の方が受賞されている。



fyui_20170425180748277.jpg 
第70回 創造展  5/12 30号~150号 7.000円 36(10)(4)点 (一般部門)
          外寸一辺40cm~90cm以内 5.000円     4(4)(4)   (小品部門)           
洋画、日本画、染織画、彫刻、陶芸の部門がある。一般が受賞しているものは新人賞(9)、小品部門奨励賞(3)、最優秀新人賞(1)、小品部門大賞(1)のみ。小品部は写真作品も含める。初出品でも入賞は可(事務所確認済み)。


cfyui.jpg 
第31回 日洋展    5/16~5/17   50号~300号 12.000円 60(22)点  (絵画部門)
30回 受賞作品(ページ中部)
洋画、水彩、版画など平面のみの公募展。殆どの賞は委員賞(8)、会員賞(11)、会友賞(12)、日洋賞(6)、優秀賞(8)、奨励賞(8)で構成されている。一般のみが受賞できるものは日洋賞、優秀賞、奨励賞となっている。初出品でも入賞は可(事務所確認済み)。
面白いことに、この会では2種類の公募を開催している。国立新美術館では大作公募の日洋展、東京都美術館では20~50号の小品公募の日洋会セレクション展がある。こちらの公募も賞が多い。



ytfyu.jpg 
第73回 現展  5/18~5/19  10号~縦400cm×横227cm 9.000円 30(13)(6)
72回 受賞作品 (ページ下部)
現代美術作家協会が団体名。平面以外に立体、写真、工芸もあり、平面は16点受賞。クリエイト賞は写真のみの賞。過去に15号でクサカベ賞を受賞した方もいる(一般)。新人は新人賞とクサカベ、ホルベインの協賛社賞のみと思われる。初出品でも入賞可(事務所確認済み)


tyfyu_201704251950400f1.jpg 
第88回 第一美術展    5/18~5/19   30号~F200号 10.000円 43(13)(11)点  (絵画部門)
             10号以内 6.000円 8(8)(8)(絵画部門小作品)
絵画、彫刻、工芸の部門がある。会全体で500人ほども居るそこそこ大きな団体。絵画の一般で取れる賞は、一般の最高賞で第一美術展賞(1)、新人賞(1)、優秀賞(2)、佳作賞(2)、スポンサー賞(4)となっている。


guig1_20170425151156a05.jpg 
第60回 新象展  5/21  縦250cm×横250cm以内 8.000円 22(16)(12?)
新象作家協会が団体名。会員・準会員合わせて114名(2017年度時点)。平面以外に立体、ビデオも可。この組織は会友がない。出品料は会員・準会員は無料。一般の受賞が多い。奨励賞、佳作賞、スポンサー賞など作品が優れていれば初出品でも受賞者は居るという(事務所確認済み)。一人だけ受賞作品が絵画かビデオ作品か確認できなかったため一般の絵画の受賞は12?点とした。入選を繰り返して会員になるには10年くらいを目処に考えて頂ければということ。受賞を繰り返していけば早く会員になれるという。

美大の同級生と

久々にタマビ(八王子キャンパス)の油画科で同じクラスだった3人に会ってきました。
タマビの油画はグループ1(具象)グループ2(抽象)、グループ3(現代美術)というふうな感じでクラスが分かれていて、一学期ごとにグループを変更できます。ぼくはその頃やる気もなかったので4年間ずっとグループ1にいました。

S__13901825a.jpg 

僕自身はこの中の一人とは親友であり心友です。隣にいますが。
誰ともほとんど交流しなかった中でも彼だけは唯一交流がありました。
ぼくは1浪ですが高校も行っておらず大検を取って美大に入った時点でどの学年よりも歳が上でした。比較的学内で多かった1浪生よりも7個も上ですし、性格もあって独りで過ごしました。
それを自分で予想していたのか、大学に入る前にボッチでも楽しく過ごせるように自転車で自分が生まれて来たこの日本を自分の目で見て感じたいと思って夏休みは毎年旅をすることを計画しました。
大学生活はそんな感じで過ごして、美大の生活よりもバイト生活や次の旅のことで頭がいっぱいでした。

久々更新

久々に更新しました。
PCが調子悪くて修理に最近だしていましたが、またおかしくなって今日また見せに行きました。

cafe_67b.jpg 
My books

さておき、最近はあることを始めようとジム通いも再開して、更にジョギングや水泳も有酸素運動もトレーニング直後にするようにしています。ジムで筋トレした後に有酸素をすると脂肪燃焼が数倍高まるので。前にルネサンスメガロスというジムに行っていましたが、プールがあったので筋トレ後に出来て最適でした。いまのジムはゴールドジムですがプールがありません。5,6年前から通っていますけど今や鍛えているテレビの芸人さんを中心に話題になりましたねえ。
ぼくは重症ヘルニア以来、ブームの逆にマッチョから普通に戻ってしまいましたが。
それ以外に地元のあらゆるジムにも通っていました。
タマビ時代はタンクトップ着てたり、筋肉あるだけでゲイとか言われてましたね笑

日本ではマッチョは浸透しませんね。大方の人が気持ちが悪いとか良い印象を持っていないイメージです。
米軍基地でバイトしてたときは向こうのファイヤーメンの方にマッチョじゃないと向こうの子にモテないとか言われてましたけど、日本人には似合わないでしょうね。やっぱりスタイルが欧米人と雲泥。。。
ジムにもビルダーの方々が居ますけどビルダーの世界って、なぜかほとんど背が低い男の人達なんですよね。マッチョっていわれるくらいゴリゴリになる人ってコンプレクスがあったりする人が結構多いのかもしれませんね。小さいからナメられるのが嫌で鍛えたのかもしれませんし、ぼくは弱い自分を改善したくて強くなりたくて通っていました。
タマビ時代は、あらゆる筋トレの本を読んで絵も描かずに毎日ジムに行って独自のトレーニング法を日々研究していました。ウェイトリフティングのオリンピック選手の動きやフォームも毎回ジムでIpodに録画した動画を見てマネしてベンチプレス100kgはすぐに達成しました。スクワットもたった1セットで毎回10日間筋肉痛とかファッションで鍛えてる連中とは違うぞという感じでした。見た目じゃなくてパワーこそ全てでした。結果ヘルニアになって鍛えたパワーがパーになりましたが。筋トレはフォームが一番重要ですね。正しいフォームでなければ正しい筋に刺激が行かないので。男性よりもぼくは女性ですごい重量上げてる方の動画を見ていました。女性の方が圧倒的にパワーが無いし不利な骨格なのにパワーがあるのはフォームが完璧だからです。男性よりも女性パワーリフターやウェイトリフターの動画の方が参考になりました。
 
痩せたい方は筋トレが最も効果的ですね。基礎代謝が上がって勝手に脂肪燃焼し易い身体になります。車で言ったら燃費が悪い身体にしていくんですね。食事で痩せる方法はリバウンド率が高いですし、食事まで気を使っていたらストレスですし。しっかり筋トレ・運動して痩せる方が楽しいです。アートより筋肉論のが語れるのが無駄知識ですね。というよりアートの知識もありませんが。。

最近堅苦しいことばかり書いていたので、他愛もないことも書ていきます・ω・






公募展 受賞参考データ(画壇編)2017年4月

4月が搬入の公募団体展の受賞参考データです。
国画会、写実画壇、創元会、富士美術協会は出品規約がHP上に見つからなかったため掲載していません。
*公開が遅くて搬入日が迫ってしまいました。

4月

キャプチャc 
第94回 春陽展 4/6~4/7 F130号以下 10.000円 31(10)(6)
93回 受賞作品 (ページ下部)
25点が奨励賞、2点が会友賞となっている。第90回は絵画・版画を合わせて1800点の応募。絵画以外に版画もある。


キャプチャc1 
第103回 光風会展 4/7~4/8 F100号以下 10.000円 15(4)(2)
明治45年から続いている歴史があり、絵画が会員・会友合わせて557人も居る巨大な組織。絵画で一般が受賞できている賞は損保ジャパンと光風賞(1)のみ。会友賞は会友の方のみ。一般受賞作品は少ないので受賞倍率は高めで狙っても可能性は低い。なお、初出品で受賞はよほどでなければ取得できない模様(事務局問い合わせ確認済)。絵画以外に工芸もある。工芸も一般受賞は杉浦非水記念賞と光風工芸賞のみ。


キャプチャc2 
第83回 東光展  4/11~4/12 F40~F100号 10.000円* 35(20)点   (大作部門)
                S30号以内  10.000円 *   15(15)     (30号部門)
*出品料は39歳以下は無料という特殊な規約になっている。大作部門は東光賞(1)、奨励賞(5)、佳作賞(1)、新人賞(1)、各種協賛者賞(12)は一般が受賞している。但し初出品からの入賞はまず可能性が低いとのこと。まずは入選が一般的のよう(事務所問い合わせ確認済)。30号部門は奨励賞(1)、新人賞(1)、各種協賛社賞(13)となっていて、全て一般が受賞している。

公募展 受賞参考データ(画壇編) 『見方』

(例)
第94回 春陽展 ②4/6~4/7 ③F130号以下 ④10.000円 ⑤31(10)(6)
93回 受賞作品 (ページ下部)
⑦25点が奨励賞、2点が会友賞となっている。第90回は絵画・版画を合わせて1800点の応募。絵画以外に版画もある。

①公募展名* ②搬入日*   ③サイズ ④出品料* ⑤受賞点数*  ⑥受賞作品のリンク* ⑦備考
*① タイトルをクリックするとHPへ飛びます。
*② 搬入日のみの記載(作品制作において応募締め切りではなく搬入日こそが肝心なため)
*④ 出品料は1点の料金のみ記載。(数点出す必要は無く1点で十分なため)
*⑤ 前年度の受賞点数。カッコは一般の受賞点数。赤カッコは絵画の一般の受賞点数(絵画以外の部門も有るため)
*⑥ 受賞作品は最新の過去のページのみ記載(個人的には5年分くらい遡って見た方が傾向と対策になります)

公募展の受賞参考データを作ってみました

igor-miske-177849a.jpg 


 公募団体の公募展の受賞参考データを作ってみました。完全に僕が自分のために作ったものですが一応公開してみます。

 今まで僕は現代美術の公募には出品していましたが、今年は画壇の受賞も狙ってみようかと思って作成してみました(当然入会目的でもあります)。受験みたいな感覚ですかね。半分趣味みたいなものです。
 ただ、このデータ作成は受賞狙いの方のためのものです。入選については倍率が低いので頑張れば誰でも十分可能であると思われるため入選倍率などは載せていません。あくまで受賞狙いのデータです。
 作成については大部分はHPから調べました。残りの情報は団体事務局や会長さんに電話問い合わせなどで確認しました。
 HPからは受賞の内訳を前年度の受賞者全員を1人づつ会員~会友まで調べてみました。一般が何人受賞しているのか、組織の人間が何人受賞しているのか、個人的に気になる数字を確認しながら載せました。これは一般(新人入会者)などにもオープンであるか、クローズ気味かを予想するためです。
 電話で確認した主なことは「初出品で初受賞できるかどうか」についてです。入会ついでの受賞が狙いなので初出品して初受賞するのが手間が無くて理想であるからです。

 この参考データは主に作品搬入日の前の月に公開していきます。地味に確認作業が大変で少しづつ作成しているので。それと全ての公募団体を載せているわけではありません。HPから作成できる公募団体の公募情報しか載せていません。それと私自身が”絵画”のジャンルなので絵画の情報のみです。
 受賞で必要最低限と思われる情報のみの掲載で見方がわからないと思いますので、カテゴリで”公募展 受賞参考データ(画壇編)『見方』”をクリックして確認してください。

 受賞の秘訣などはわかりませんが、ぼくが現代美術の公募でやってきたことは、過去の受賞作品などはまずは調べます。出来たら5年分くらい遡って受賞傾向を観ますね。公募団体(画壇)以外が主催する公募の場合は受賞作品が現代美術傾向かクラシックな傾向か、具象系か抽象系かを判断して出品を決めていました。例えばシェル美術にリアリズム作品を出しても難しいでしょう。
 他には細かいことで画壇以外の公募(企業主催、ギャラリー主催、地域主催等)の公募は審査員が毎年あまり変わらなかったりしますので審査員の好きな作品がどういった傾向かも参考になります。その場合審査員の方が作家である場合は作家自身の作品と似た出品作品を選ぶイメージです。皆がそういうわけではありませんが個人的にそういうイメージです。作家が自分の作品とあまりにも遠いジャンルの出品作品は解らないからではないでしょうか(あくまで僕の主観です)。
公募団体の公募展も会に多少色がありますが、公募団体(画壇)の公募の場合は傾向など、あまり気にしなくても良いかと思います。とにかく独創的な自分色の濃い作品を描くことが受賞の秘訣だと思います。
 
 最後に注意して頂きたいのが、公募団体の主催する公募展は会への入会が目的の公募です。受賞することだけを狙う行為はお勧め出来ません。会にとって迷惑でしょう。まあ狙っても難しいでしょうけども。
 このマニアなデータが参考になるとは思えませんが、信頼は自己責任でお願いしますね。